○神栖市事務改善委員会規程

昭和58年2月8日

訓令第1号

(目的)

第1条 この訓令は,市の組織及び事務の改善を図ることにより行政事務の合理化及び能率化を促進し,もって市民の福祉を増進することを目的とする。

(委員会の設置)

第2条 前条の目的を達成するため,神栖市事務改善委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(委員会の組織)

第3条 委員会は,委員長,副委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長は,副市長をもって充てる。

3 副委員長は,総務部長をもって充てる。

4 委員は,職員のうちから市長が任命する。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員長は,会務を統轄し,会議の議長となる。

2 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故があるときは,その職務を代理する。

(所掌事務)

第5条 委員会は,第1条に定める目的を達成するため,次に掲げる事項を調査審議し,その対策を確立して市長に具申し,改善の促進を図る。

(1) 行政機構の合理化に関すること。

(2) 事務処理の改善に関すること。

(3) 執務環境の改善に関すること。

(4) その他行政事務の改善に関すること。

(会議)

第6条 委員会は,必要に応じて委員長が招集する。

(関係者の出席)

第7条 委員会が必要と認めたときは,事務改善について意見を求めるため,委員以外の関係者の出席を求めることができる。

(委員の任務)

第8条 委員は,会議で定められた事項について,調査研究し,その経過及び結果について次の会議において報告しなければならない。

(専門部会)

第9条 委員会に,専門的事項を調査研究させるため,専門部会を置く。

2 専門部会は,委員長が指名する委員をもって組織する。

3 部会長は,指名された委員のうちから選任する。

4 部会長は,委員会から付議された事項について調査研究するため部会を開き,その結果を会議に報告しなければならない。

(専門部員)

第10条 委員会に専門部員を置く。

2 専門部員は,職員のうちから委員長が指名する。

3 専門部員は,委員が行う調査研究の事務を補佐する。

(報告)

第11条 委員長は,調査審議の経過及び結果等について,会議開催の都度市長に報告して市長から必要な指示を受けなければならない。

(庶務)

第12条 委員会の庶務は,事務改善担当課において行う。

(委任)

第13条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は,会議に諮って委員長が定める。

付 則

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(昭和62年訓令第3号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成10年訓令第16号)

この訓令は,平成10年4月1日から施行する。

付 則(平成18年訓令第4号)

この訓令は,平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成18年訓令第35号)

この訓令は,平成18年5月1日から施行する。

付 則(平成19年訓令第12号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

神栖市事務改善委員会規程

昭和58年2月8日 訓令第1号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和58年2月8日 訓令第1号
昭和62年3月2日 訓令第3号
平成10年4月1日 訓令第16号
平成18年3月31日 訓令第4号
平成18年4月26日 訓令第35号
平成19年3月29日 訓令第12号