○文書の左横書き実施要領

第1 目的

文書の左横書きを実施し,事務能率の増進と経費の節減を図ることを目的とする。

第2 実施の時期

昭和37年4月1日から実施する。

第3 実施の範囲

次に掲げるものを除き,すべて横書きとする。

(1) 法令の規定により様式を縦書きと定めているもの

(2) 他の官公署が様式を縦書きと定めているもの

(3) 慣習上横書きにしては,不適当と思われる賞状・表彰状・祝辞等

(4) その他特に縦書きを適当と認めるもの

第4 文書のとじ方

文書は原則として左とじとする。ただし,A4判用紙類を横長に用いた場合は,上とじにしてもよい。

第5 文書の書き方

左横書きの実施に伴う文書の書き方及び公文用例は,別に定める。

第6 諸用紙の用い方

(1) 用紙は,日本工業規格によるA4伴(A列4番)を用い,原則として,縦長にして使用する。

(2) 起案用紙の様式は,別に定める。

付 則(昭和63年訓令第20号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成5年訓令第9号)

この訓令は,平成6年1月4日から施行する。

文書の左横書き実施要領

 種別なし

(平成5年12月6日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第3節 文書・公印
沿革情報
種別なし
昭和63年9月26日 訓令第20号
平成5年12月6日 訓令第9号