○神栖市法令審査委員会規程

昭和56年5月1日

訓令第3号

(設置)

第1条 条例及び規則の制定改廃,法令の解釈等に関する重要事項について適正な処理を図るため,神栖市法令審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(審査事項)

第2条 委員会において審査する事項は,次に掲げるものとする。

(1) 条例,規則,告示及び訓令の制定改廃に関する事項

(2) 重要又は異例に属する法令の解釈及び運用に関する事項

(3) 重要又は異例に属する訴訟,不服申立て等に関する事項

(4) その他総務課長が付議を要すると認めた事項

(組織)

第3条 委員会は,委員長,副委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長は,総務部長をもって充てる。

3 副委員長は,総務課長をもって充てる。

4 委員には,職員課長,財政課長及び政策企画課長の職にある者を充てるほか,次の職にある者を充てる。

(1) 総務課課長補佐(総務グループ担当)

(2) 職員課課長補佐

(3) 財政課課長補佐(財政グループ)

(4) 政策企画課課長補佐(政策推進グループ)

5 前項第3号及び第4号の規定にかかわらず,財政課又は政策企画課に財政課主任主計員又は政策企画課主任企画員の職が置かれるときは,財政課主任主計員又は政策企画課主任企画員をもって充てる。

(委員長の職務等)

第4条 委員長は,委員会の事務を総理し,会議の議長となる。

2 委員長に事故があるときは,副委員長がその職務を代理する。

(会議)

第5条 会議は,必要に応じて委員長が招集する。

2 会議は,委員の5人以上が出席しなければ開くことができない。この場合において,委員長又は副委員長のいずれかが出席しなければならない。

(事前連絡)

第6条 第2条第1号又は第3号の事案に係る主務課長(神栖市行政組織規則(平成17年神栖町規則第21号)第15条に規定する課(室)長をいう。以下同じ。)は,当該事案に係る起案文書を神栖市文書管理規程(平成2年神栖町訓令第9号)第24条の規定により総務課長の審査に付する前に,あらかじめ当該事案に係る法令審査連絡票(様式第1号)を副委員長に提出しなければならない。

(予備審査)

第7条 副委員長は,第2条の規定により委員会において審査すべき事案に関する予備審査及び調査を行うものとする。

(審査)

第8条 委員会は,付議された事案(以下「付議事案」という。)について,制定改廃等の理由,違法性及び不当性の有無,施行時期等を総合的に審査するものとする。

2 委員長は,会議を招集する時間的余裕がないと認めるときは,付議事案について持ち回りにより審査させることができる。

3 委員長は,比較的軽易であると認められ,又は緊急やむを得ないと認められる第2条第1号に掲げる事案及び緊急やむを得ないと認められる同条第2号及び第3号に掲げる事案については,委員長及び副委員長の審査によって第1項の審査に代えることができる。

4 前3項の審査の結果,当該事案の内容に変更を生じたときは,起案者は,その変更前の合議に係る関係者にその旨を連絡しなければならない。廃案又は保留となったときも,同様とする。

5 主務課長は,付議事案に係る会議に出席することを常例とする。

6 委員長は,第1項の審査に当たって必要があると認めるときは,付議事案の関係者を会議に出席させて,説明を求め,又は意見を述べさせることができる。

(審査済の印等)

第9条 委員長は,前条第1項の規定による委員会の審査が終わった付議事案又は同条第2項の規定による委員の持ち回り審査が終わった付議事案及び同条第3項の規定による審査が終わった第2条第1号若しくは第3号に係る起案文書の上部欄外に審査済の印(様式第2号)を押印の上,主務課長に返付するとともに,法令審査票(様式第3号)に所定の事項を記載するものとする。この場合において,前条第3項の審査に係るものにあっては,当該法令審査票の上部欄外に「代位」と朱書表示しなければならない。

(幹事)

第10条 委員会に幹事を置き,総務課の法制事務担当の職員を充てる。

2 幹事は,副委員長の指揮の下に,第7条の事務を行い,会議においてその概要を説明しなければならない。

3 前項に規定するもののほか,幹事は,前条及び次条の事務その他委員会の庶務事務を処理する。

(書類の整理及び保管)

第11条 副委員長は,法令審査連絡票,法令審査票その他の書類を整理し,保管するものとする。

付 則

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(昭和56年訓令第24号)

この訓令は,昭和56年10月1日から施行する。

付 則(昭和61年訓令第3号)

この訓令は,昭和61年4月1日から施行する。

付 則(昭和63年訓令第6号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成3年訓令第8号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成6年訓令第15号)

この訓令は,平成6年4月1日から施行する。

付 則(平成9年訓令第10号)

この訓令は,平成9年5月1日から施行する。

付 則(平成10年訓令第10号)

この訓令は,平成10年4月1日から施行する。

付 則(平成14年訓令第8号)

この訓令は,平成14年4月1日から施行する。

付 則(平成17年訓令第21号)

この訓令は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成19年訓令第23号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年訓令第22号)

この訓令は,平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成21年訓令第23号)

この訓令は,平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成22年訓令第17号)

この訓令は,平成22年4月1日から施行する。

付 則(平成24年訓令第13号)

この訓令は,平成24年4月1日から施行する。

付 則(平成25年訓令第13号)

この訓令は,平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

神栖市法令審査委員会規程

昭和56年5月1日 訓令第3号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第3節 文書・公印
沿革情報
昭和56年5月1日 訓令第3号
昭和56年9月30日 訓令第24号
昭和61年3月28日 訓令第3号
昭和63年4月12日 訓令第6号
平成3年4月1日 訓令第8号
平成6年3月31日 訓令第15号
平成9年5月1日 訓令第10号
平成10年4月1日 訓令第10号
平成14年3月29日 訓令第8号
平成17年7月11日 訓令第21号
平成19年3月29日 訓令第23号
平成20年3月31日 訓令第22号
平成21年3月31日 訓令第23号
平成22年3月31日 訓令第17号
平成24年3月30日 訓令第13号
平成25年4月1日 訓令第13号