○神栖市農用地利用銀行運営協議会規則

昭和53年10月9日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は,神栖市附属機関に関する条例(昭和47年神栖町条例第42号)第3条の規定に基づき,神栖市農用地利用銀行運営協議会(以下「協議会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 協議会は,次に掲げる事項について協議し,調整するものとする。

(1) 神栖市(以下「市」という。)内における農用地の利用状況及び農用地の貸し借りの希望者等を把握し,農用地流動化基本台帳(以下「基本台帳」という。)を整備すること。

(2) 前号の基本台帳に基づき,農用地利用増進事業,農地移動適正化あつ旋事業,農地保有合理化促進事業,農業協同組合が行う受託農業経営事業,その他の諸方策を活用し,農用地の流動化等を総合的に推進すること。

(3) 農用地の流動化と高度利用のために必要な啓蒙普及を行うこと。

(4) 前3号の業務を円滑に行うため,推進員の設置をすること。

(5) 地域の実情に即して,農用地の確保,拡大,農林業と他部門間との土地利用調整,農用地の集団化,土地基盤の整備等について推進活動を行うこと。

(6) その他必要な事項

(組織)

第3条 協議会の委員は,神栖市附属機関に関する条例により設置された神栖市農業振興地域整備促進協議会の委員をもってこれに充て,市長が委嘱する。

2 前条第4号の推進員は,協議会の諮問により必要と認める範囲内で設置し,協議会会長が委任する。

(委員の任期)

第4条 委員の任期は,2年とする。ただし,前条の委員がその所属団体又はその職を退いたときは,委員の資格を失うものとする。

2 委員が欠けたときは,順次補充することができる。

3 前項の規定により補充された委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(役員)

第5条 協議会に次の役員を置く。

(1) 会長 1人

(2) 副会長 1人

2 会長及び副会長は,委員の互選による。

3 役員の任期は,委員の任期による。ただし,再任を妨げない。

4 役員は,任期満了後も後任の者が選任されるまで,その職務を代行する。

(役員の職務)

第6条 会長は,会務を総理し,会議の議長となる。

2 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるときは,その職務を代行する。

(会議)

第7条 協議会の会議は,会長が招集し,会長が必要と認めるとき及び委員3分の1以上から要請があったときは開くものとする。

2 会議は,委員の過半数により成立する。ただし,役員の互選をするときは,委員の3分の2以上が出席しなければならない。

3 会議の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは会長の決するところによる。

4 会長は,必要に応じ委員以外の出席を求めて意見を聴くことができる。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか,協議会の運営について必要な事項は,会長が別に定める。

付 則

この規則は,公布の日から施行し,昭和53年10月1日から適用する。

付 則(昭和55年規則第7号)

この規則は,昭和55年3月21日から施行する。

神栖市農用地利用銀行運営協議会規則

昭和53年10月9日 規則第13号

(昭和55年3月21日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第7章 附属機関等
沿革情報
昭和53年10月9日 規則第13号
昭和55年3月21日 規則第7号