○神栖市職員の互助団体に関する条例

昭和59年12月24日

条例第23号

(趣旨)

第1条 この条例は,神栖市職員の互助団体に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市は,職員にその相互共済及び福利増進を目的とする団体(以下「互助団体」という。)を設置させることができる。

(事業)

第3条 互助団体は,その目的を達成するため,福利,厚生,医療等に関する資金の給付,貸付け,施設の経営その他必要な事業を行うものとする。

(規約)

第4条 互助団体は,その事業を執行するために必要な規約を定めて市長の承認を受けなければならない。

2 前項の規約には,次に掲げる事項を規定しなければならない。

(1) 目的

(2) 名称

(3) 事務所

(4) 会員

(5) 資金

(6) 組織

(7) 事業

(8) 会計及び資産の管理

(9) 前各号に掲げるもののほか,運営上必要な事項

3 規約の変更については,市長の承認を受けなければならない。

(経費)

第5条 互助団体の経費は,会員の掛金,寄附金その他の収入をもって充てる。

(掛金等の給与からの控除)

第6条 会員である職員の給与支給機関は,給与を支給する際,支給すべき給与から掛金及び貸付金償還金に相当する金額を控除して,これを当該職員に代って互助団体に払い込むことができる。

(援助)

第7条 市は,互助団体の運営につき,援助を与えるものとする。

(監督)

第8条 市長は,互助団体の育成のため,その事業を監督し,必要な事項につき報告を求めることができる。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

付 則

この条例は,昭和60年1月1日から施行する。

神栖市職員の互助団体に関する条例

昭和59年12月24日 条例第23号

(昭和59年12月24日施行)

体系情報
第4編 事/第5章 職員厚生
沿革情報
昭和59年12月24日 条例第23号