○神栖市庁舎等管理規則

昭和37年12月10日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は,庁舎等の保全及び庁舎等内の秩序の維持を保つために必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「庁舎等」とは,市役所の本庁及び総合支所並びにその附属物及び構内をいう。

(管理者)

第3条 市役所庁舎にあっては市長を,総合支所においては支所長を,その他の機関の庁舎にあっては機関の長をそれぞれ当該庁舎の管理者(以下「庁舎管理者」という。)とする。

2 庁舎の各室を使用し,又は管理することとされている各課(所,議会事務局,教育委員会事務局,農業委員会事務局,監査委員事務局並びに市役所庁舎内に所在する出先機関を含む。)の長を当該室の管理者(以下「室管理者」という。)とする。

(管理者の職務)

第4条 庁舎管理者又は室管理者は,当該庁舎等又は室について次に掲げる職務を行わなければならない。

(1) 秩序の維持に関すること。

(2) 火災,盗難等の予防に関すること。

(3) 清掃,整とんその他衛生に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか,設備の保全に必要な措置に関すること。

(許可を必要とする行為)

第5条 庁舎等において,次に掲げる行為をしようとする者は,あらかじめ庁舎管理者の許可を受けなければならない。

(1) 参観のため,多数集合して庁舎等に入ること。

(2) 公務以外の目的をもって室その他の設備を使用すること。

(3) 多数集合して構内を使用すること。

(4) 物品販売その他の商行為をすること。

(5) ポスター,立札,看板,掲示板,懸垂幕,横断幕,旗,アドバルーンその他の文書図面を掲示すること。

(6) 廊下,構内等に物品を陳列し,又は工作物を設けること。

(7) 公務の執行のためやむを得ない場合を除き,所定の附属設備以外の電気器具又は火器を使用すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか,庁舎管理者が定めた行為

(不許可)

第6条 庁舎管理者は,前条の場合において当該行為が次の各号のいずれかに該当するときは,同条の許可をしないものとする。

(1) 設備等を著しく損傷し,又は汚染すると認められるとき。

(2) 庁舎等内の秩序を著しく乱すと認められるとき。

(3) 著しく公務が妨げられると認められるとき。

(4) 庁舎等の美観を著しく損なうと認められるとき。

(5) 公の秩序又は善良の風俗に反すると認められるとき。

(6) 火災,盗難の予防上極めて不適当と認められるとき。

(7) 前各号に掲げるもののほか,庁舎管理者において許可をすることが不適当と認めるとき。

(許可条件)

第7条 庁舎管理者は,第5条の許可をする場合において,必要と認める条件を付けることができる。

(禁止行為)

第8条 庁舎等において,次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 所定の場所以外に自転車,自動車等を置くこと。

(2) 所定の場所以外にたばこの吸い殻,マッチの燃え残り,紙くず,汚物等を投棄すること。

(3) 廊下,便所,車庫その他喫煙の設備のない場所において喫煙すること。

(4) 多数集合してねり歩くこと。

(5) みだりに放歌高唱する等騒がしい行為をすること。

(6) 甚だしく乱暴な言動をすること。

(7) みだりに兇器,爆発物その他の危険物又は旗,プラカードその他秩序を乱すおそれがある物品を持ち込むこと。

(8) 所定の容器以外にたん及びつばを吐くこと。

(9) 庁舎内において,靴,草履及びスリッパ以外の履物を使用すること。

(10) 廊下等にみだりに物品を置くこと。

(11) 器物を損傷し,又は通行人に危害を与えるおそれのある危険な遊戯をすること。

(12) ビラ等を撒布すること。

(13) 面会等を不当に要求して滞留すること。

(14) 甚だしく通行を妨げること。

(15) 前各号に掲げるもののほか,設備等を損傷し,若しくは汚染し,庁舎等の秩序を乱し,又は公務の妨げとなるような行為をすること。

(陳情者等の人数制限)

第9条 陳情等のために多数集合して庁舎等に立ち入ろうとする者又は立ち入った者がいた場合においては,当該陳情等に係る事務の主管部課長等の長は,陳情者等の人数等について,庁舎管理上必要と認める制限をしなければならない。

(管理者の指示)

第10条 庁舎等に立ち入り,若しくは庁舎等を使用する者又は庁舎等に文書図画を掲示した者は,庁舎管理者又は室管理者の指示に従わなければならない。

(立入禁止等)

第11条 次の各号のいずれかに該当するときは,庁舎管理者は,関係者に対し,庁舎等に立ち入ることを禁止し,若しくは庁舎等から退去することを命じ,又は文書図画若しくは物品を撤去することができる。

(1) 第5条の規定による許可を受けないで,又は許可の内容と相違して,同条各号に掲げる行為をしたとき,又はそのおそれがあるとき。

(2) 第8条の規定に違反したとき,又はそのおそれがあるとき。

(3) 第9条の規定による制限又は前条の規定による指示に従わないとき。

2 前項の撤去をした場合においては,撤去に要した費用は,掲示者又は設置者の負担とする。

(盗難及び拾得物の届出)

第12条 庁舎等において盗難にあった者は,その旨を,金銭又は物品を拾得した者は,その金銭又は物品を庁舎管理者に届け出なければならない。

(損害弁償)

第13条 庁舎等を損傷した者に対しては,その損害を弁償させることがある。

(当直員及び巡視の職務)

第14条 当直員及び巡視は,この規則及び別に定めるところにより,庁舎管理者の指揮を受けて,庁舎等の保全及び秩序の保持上必要な監視,点検,関係者に対する注意その他の取締りを行わなければならない。

(補則)

第15条 この規則に規定するもののほか,庁舎管理者は,庁舎等の保全及び秩序の保持に必要な措置をとり,又はあらかじめ必要な定めを設けることができる。

付 則

(施行期日)

1 この規則は,昭和37年12月10日から施行する。

(波崎町の編入に伴う経過措置)

2 波崎町の編入の日前に,波崎町庁舎等管理規則(昭和42年波崎町規則第4号)の規定により許可・申請されたものについては,この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

付 則(昭和63年規則第43号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成17年規則第40号)

この規則は,平成17年8月1日から施行する。

神栖市庁舎等管理規則

昭和37年12月10日 規則第9号

(平成17年7月12日施行)