○神栖市自動車管理規程

昭和59年3月22日

訓令第1号

(目的)

第1条 この訓令は,本市の自動車の適正かつ効率的な維持管理及び運行管理を図るとともに,安全運転管理体制を確立し,もって公務の円滑な遂行を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 自動車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)第2条第2項に定めるものをいう。

(2) 車両管理者 本庁にあっては契約管財課長を,総合支所にあっては市民生活課長をいう。

(3) 運行管理者 自動車を配属された各課等及び施設の長,契約管財課課長補佐(管財グループ担当)並びに市民生活課課長補佐(管理グループ)をいう。

(4) 整備管理者 法第50条の規定により市長が任命した者をいう。

(5) 安全運転管理者及び副安全運転管理者 道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「道交法」という。)第74条の3の規定により市長が任命した者をいう。

(6) 専従運転者 自動車運転及びクレーン運転を本務とする者をいう。

(7) 運転従事者 前号に定める者以外で道交法第84条に定める運転免許を取得後1年以上経過し,かつ,運行管理者に運転従事の承認を受けたものをいう。

(8) 借上車 タクシー,レンタカー,リース車等第三者の所有に属するもので,市が借り受ける車をいう。

(車両管理者の職務)

第3条 車両管理者は,次に掲げる職務を行う。

(1) 自動車の購入及び処分並びにその計画に関すること。

(2) 自動車の配属に関すること。

(3) 自動車の保険に関すること。

(4) 自動車の燃料及び油脂等の補給に関すること。

(5) 自動車の修繕及びその決定に関すること。

(6) 交通事故が発生した場合の処理に関すること。

(7) その他自動車の管理に関すること。

(運行管理者の職務)

第4条 運行管理者は,次に掲げる職務を行う。

(1) 自動車の運行計画に関すること。

(2) 自動車の貸出しに関すること。

(3) 運行に関して適切な指示等を行うこと。

(4) 自動車のかぎ及び運転日誌の保管に関すること。

(5) 交通事故が発生した場合の処理に関すること。

(6) その他自動車の運行に関すること。

(整備管理者の職務)

第5条 整備管理者は,次に掲げる職務を行う。

(1) 法第47条に規定する運行前点検の実施方法を定めること。

(2) 前号の点検の結果に基づき,運行の可否を決定すること。

(3) 法第48条第1項に規定する定期点検及び随時必要な点検を実施すること。

(4) 第1号及び前号の点検の結果必要な整備を行うこと。

(5) 第3号の点検及び前号の整備の実施計画を定めること。

(6) 法第49条の定期点検整備記録簿その他の点検及び整備に関する記録簿を管理すること。

(7) その他自動車の整備に関すること。

(安全運転管理者)

第6条 安全運転管理者及び副安全運転管理者(以下「安全運転管理者等」という。)は,道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第9条の9に定める資格を有する職員のうちから市長が任命する。

2 安全運転管理者等は,次に掲げる職務を行う。

(1) 安全な運転を図るため,運転者の過労の防止その他を考慮して運行計画を作成すること。

(2) 天災その他異常時において,安全運転の確保に必要な措置を講ずること。

(3) 運転者が安全な運転を確保できるよう指導及び教育を行うこと。

(4) 運転者に,運転日時,運行状況等必要事項を記録させること。

(運転者の限定)

第7条 自動車の運転は,専従運転者及び運転従事者以外の者はしてはならない。

(運転者等の遵守事項)

第8条 運転者は,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 交通法規に従って,安全運転に努めること。

(2) 病気過労その他の理由により安全な運転をすることができないおそれがあるときは,運行管理者又は安全運転管理者に申し出ること。

(自動車の分類)

第9条 自動車は,次のとおり分類し,効率的な運行を図っていくものとする。

(1) 専用車 業務の特性,使用の本拠,自動車の用途・仕様等を勘案して,独占的に使用することにより経済的効果が上がり,公務の遂行上も効率のよいもの

(2) 優先車 業務の特性,自動車の使用頻度を考慮して,優先的に使用することにより効率の上がるもの

(3) 共用車 前2号以外の車で,どの部署においても使用できるもの

第10条 削除

(使用の手続)

第11条 自動車を使用するときは,次に定める手続によらなければならない。

(1) 専用車 配属先の運行管理者に使用の申出をし,その承認を得て使用するものとする。

(2) 優先車 優先的な使用を認められた課等において使用する場合は,使用する日の前日午後4時までに自動車使用申請書(様式第1号)を契約管財課又は市民生活課の運行管理者に提出し,その承認を得て使用するものとする。ただし,緊急やむを得ない場合は,この限りでない。その他の課等において使用する場合は,次号の共用車の使用手続と同様とする。

(3) 共用車 自動車使用申請書を契約管財課又は市民生活課の運行管理者に提出し,その承認を得て使用するものとする。ただし,バスの使用については,別に定める手続によるものとする。

(配車)

第12条 運行管理者は,前条の申請を受けたときは,配車計画表(様式第2号)に基づいてその可否を申請者に通知しなければならない。

(借上車)

第13条 業務の必要上,借上車を使用しようとするときは,あらかじめ,車両管理者に借上車使用伺(様式第3号)を提出し,その許可を受けなければならない。

2 車両管理者は,借上車を必要と認めたときは,タクシー乗車証(様式第4号)を使用者に交付するものとする。

3 自動車借上票の交付を受けた者は,借上車を使用したとき,タクシー乗車証を業者に交付するものとする。

(運行)

第14条 運転者は,自動車の運行に当たっては,安全運転管理者及び運行管理者の指示に従わなければならない。

2 運転者は,自動車使用申請書の記載内容に従って運行しなければならない。ただし,運行中にやむを得ず行先,時間等を変更するときは,速やかにその旨を運行管理者に連絡しなければならない。

3 時間外又は休日に,緊急やむを得ず自動車の使用をしたときは,翌日速やかに運行管理者に報告しなければならない。

(点検及び整備)

第15条 運転者は,運行前点検表(様式第5号)により運行前の点検を実施し,その結果を運行管理者を経て整備管理者に報告しなければならない。

2 運行中又は運行後の点検において異常のあったときは,速やかに整備管理者を経て運行管理者に届け出なければならない。

3 整備管理者は,前項の報告により検査をした結果,修繕の必要を認めた場合は,運行の中止を図るとともに車両管理者に自動車修繕伺(様式第6号)を提出し,その承認を得て修繕を行うものとする。

4 運行中に生じた故障等の修繕は,運行管理者の指示に従い行うものとする。

(燃料の補給)

第16条 運転者は,前条第1項の運行前点検の結果,燃料及び潤滑油の補給の必要がある場合は,運行管理者の指示に従って補給しなければならない。

(清掃及び格納)

第17条 運行管理者は,定期清掃日を設け,使用者に自動車の清掃を行わせるものとする。ただし,自動車の汚れが甚だしいときは,その都度清掃を行わせることができる。

2 運転者は,運行終了後,所定の場所に格納し,かぎを運行管理者に返納しなければならない。

(運行報告)

第18条 運転者は,運転終了後,その運行及び燃料補給状況並びに修繕状況等を運転日誌(様式第7号)に記載し,運行管理者に報告しなければならない。

2 運行管理者は,毎月7日をもって前月の自動車運行状況を自動車業務報告書(様式第8号)により車両管理者に報告しなければならない。

(交通事故)

第19条 運行中,交通事故が発生した場合,運転者は,次に定めるところにより処理するものとする。

(1) 負傷者の救護,警察署への通報をするとともに運行管理者に報告し,その指示に従わなければならない。

(2) 加害者又は被害者たるを問わず,独断で相手方と損害賠償について,話合いをしてはならない。

(3) 交通事故の報告を受けた運行管理者は,速やかに自動車事故報告書(様式第9号)により車両管理者を経て市長に報告し,その指示に従わなければならない。

2 運行管理者は,市長の指示に従い,車両管理者とともに速やかに当該交通事故の処理に当たらなければならない。

(管理の委任)

第20条 車両管理者は,専用車の管理について,必要な事項を運行管理者に委任することができる。

(委任)

第21条 この訓令に定めるもののほか,自動車の管理について必要な事項は,車両管理者が別に定める。

付 則

この訓令は,昭和59年4月1日から施行する。

付 則(昭和61年訓令第10号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(昭和63年訓令第32号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成元年訓令第7号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成2年訓令第14号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成3年訓令第7号)

この訓令は,公布の日から施行する。

付 則(平成10年訓令第17号)

この訓令は,平成10年4月1日から施行する。

付 則(平成17年訓令第23号)

この訓令は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成18年訓令第29号)

この訓令は,平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成19年訓令第6号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成19年訓令第25号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年訓令第7号)

この訓令は,平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成25年訓令第13号)

この訓令は,平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

神栖市自動車管理規程

昭和59年3月22日 訓令第1号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第5章
沿革情報
昭和59年3月22日 訓令第1号
昭和61年5月1日 訓令第10号
昭和63年9月26日 訓令第32号
平成元年7月27日 訓令第7号
平成2年10月5日 訓令第14号
平成3年4月1日 訓令第7号
平成10年4月1日 訓令第17号
平成17年7月12日 訓令第23号
平成18年3月31日 訓令第29号
平成19年2月1日 訓令第6号
平成19年3月29日 訓令第25号
平成20年3月19日 訓令第7号
平成25年4月1日 訓令第13号