○神栖市バス使用要項

昭和59年3月22日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は,神栖市自動車管理規程(昭和59年神栖町訓令第1号)第11条第3号の規定に基づき,神栖市のバス(以下「バス」という。)の使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用の制限)

第2条 バスは,市の行う事業の用に供するものとし,その使用に際しては,次の条件を付するものとする。

(1) 使用する日数は,原則として1日とすること。

(2) 運行の路程は,300キロメートル以内とすること。

(3) 使用する時間は,原則として1日8時間以内とすること。

(4) 使用申請をする各課等の長は,安全な運行及び危険を防止するため,所属の職員を添乗させること。

(使用の手続)

第3条 バスを使用しようとする各課等の長(以下「申請者」という。)は,バス使用申請書(別記様式)を使用する日の1週間前までに運行管理者に提出し,その許可を受けなければならない。ただし,やむを得ない場合には,あらかじめ口頭で連絡し,当該バスの運行に支障のない日時までにバス使用申請書を提出することができる。

(使用の許可)

第4条 運行管理者は,前条のバス使用申請書を受理したときは,使用の目的及び運行状況を勘案し,速やかに使用の可否を決定し,その結果を申請者に連絡しなければならない。

(許可の取消し)

第5条 運行管理者は,不慮の事故等によりバスを使用することができないと認めるときは,前条の許可を取り消すことができる。

(利用上の遵守事項)

第6条 バスを利用するときは,交通諸法規に従うほか,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 乗車中は,運転者の指示に従うこと。

(2) 車内での飲酒をしないこと。

(3) 車内に危険物を持ち込まないこと。

(4) 車内にゴミを散らさないこと。

(5) 運行中は,みだりに運転者に話しかけないこと。

(6) 運行計画コース以外は要求しないこと。

(雑則)

第7条 この訓令に定めのないものについては,すべて神栖市自動車管理規程の定めるところによる。

付 則

(施行期日)

1 この訓令は,昭和59年4月1日から施行する。

(波崎町の編入に伴う経過措置)

2 波崎町の編入の日前に,波崎町バス使用要綱(昭和60年波崎町規程第5号)の規定によりなされた許可,申請その他の行為は,この訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

付 則(平成17年訓令第24号)

この訓令は,平成17年8月1日から施行する。

画像

神栖市バス使用要項

昭和59年3月22日 訓令第2号

(平成17年7月12日施行)