○神栖市児童生徒介助員派遣実施要項

平成13年3月30日

教委訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は,神栖市立小中学校に在籍する介助を必要とする障害児の学校における教育活動を援助し,教育活動の充実を図るため児童生徒介助員(以下「介助員」という。)を派遣することに関し必要な事項を定めるものとする。

(適用の対象者)

第2条 この派遣の対象者は,神栖市教育支援委員会において,特別支援学校が適当であると判断された障害児及び疾病その他の理由により介助を必要とする者で,保護者が神栖市立小中学校に就学を希望し,当該学校長から介助の要望があり,教育長が認めた児童及び生徒とする。

(介助の職務)

第3条 介助の内容は,次のとおりとする。

(1) 児童及び生徒の身辺処理の介助に関すること。

(2) 児童及び生徒の校内における移動の介助に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか,学校運営上必要な事項に関すること。

(介助員を派遣する期間及び時間)

第4条 介助員を派遣する期間は,小学校第1学年から中学校第3学年までの9年間以内とする。ただし,介助員を継続して派遣することの適否については,1年ごとに当該児童及び生徒が在籍する学校長の判定に基づき,教育長が決定する。

2 介助を受けられる時間は,学校内の教育課程に位置付けられた活動時間及び校長が特に必要と認めた時間とする。ただし,通学に係る時間は含まない。

3 前項の規定にかかわらず,原則として校外学習(宿泊を伴う場合も含む。)においては,介助員を派遣しないものとする。

(派遣の申請及び許可)

第5条 介助員の派遣を受けようとする学校長は,児童生徒介助員派遣申請書(様式第1号)を教育長に提出するものとする。

2 教育長は,前述の申請書の提出があったときは,その内容を調査の上,派遣の適否を決定し,派遣することに決定したときは,児童生徒介助員派遣決定通知書(様式第2号)を交付するものとする。

(介助員の身分等)

第6条 介助員の身分等は,神栖市教育委員会臨時職員任用等管理規程(平成11年神栖町教育委員会訓令第6号)の規定を準用する。

(介助員の解職)

第7条 教育長は,特別な事由があると認めるときは,介助員を解職することができる。

(補則)

第8条 この訓令に定めるもののほか,介助員の職務等に必要な事項については,教育長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成13年4月1日から施行する。

付 則(平成23年教委訓令第6号)

この訓令は,平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成26年教委訓令第5号)

(施行日)

1 この訓令は,公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際現に改正前の神栖市児童生徒介助員派遣実施要項第2条の規定により養護学校が適当であると判断された障害児は,この訓令の施行の日に第2条の規定により特別支援学校が適当であると判断されたものとみなす。

付 則(平成29年教委訓令第4号)

この訓令は,平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

神栖市児童生徒介助員派遣実施要項

平成13年3月30日 教育委員会訓令第3号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育/第2節 小・中学校
沿革情報
平成13年3月30日 教育委員会訓令第3号
平成23年3月25日 教育委員会訓令第6号
平成26年12月24日 教育委員会訓令第5号
平成29年3月31日 教育委員会訓令第4号