○神栖市立図書館の設置及び管理等に関する条例

平成2年3月31日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は,図書館法(昭和25年法律第118号。以下「法」という。)第10条及び第16条第1項の規定に基づき,図書館の設置及び管理並びに図書館協議会の設置及びその委員の定数等に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市民の文化,教養,調査研究及びレクリエーション等に資するため,法第2条第1項に規定する図書館を設置する。

(名称及び位置)

第3条 図書館の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

神栖市立中央図書館

神栖市大野原四丁目8番1号

2 図書館に分館を置き,その名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

神栖市立うずも図書館

神栖市知手中央七丁目1番6号

(職員)

第4条 図書館に,館長,司書その他必要な職員を置く。

(管理)

第5条 図書館は,常に良好な状態で管理し,設置目的に応じて最も効果的な運用をしなければならない。

(入館の禁止等)

第5条の2 神栖市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は,次の各号のいずれかに該当する者に対して,図書館の入館を禁止し,又は退館を求めることができる。

(1) 感染症の疾病があると認められる者

(2) 他人に危害等を及ぼすおそれがある物品又は動物を携行する者

(3) 図書館の管理運営上支障があると認められる者

(図書館施設等の利用の許可)

第5条の3 図書館施設及び次に掲げる設備を利用しようとする者は,教育委員会の許可を受けなければならない。この場合において,教育委員会は許可に条件を付することができる。

(1) 展示ケース

(2) ビデオ編集機材

(利用の制限)

第5条の4 教育委員会は,次の各号のいずれかに該当するときは,前条の利用を許可しない。

(1) 営利を目的で利用するおそれがあると認めるとき。

(2) 図書館の管理運営上支障があると認めるとき。

(利用許可の取消し等)

第5条の5 教育委員会は,第5条の3に規定する許可を受けた者が次の各号のいずれかに該当すると認められるときは,当該許可を取り消し,又は利用を制限することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により利用の許可を受けたとき。

(図書館協議会)

第6条 法第14条第1項の規定に基づき,図書館に神栖市図書館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会の委員(以下「委員」という。)の定数は,10人以内とし,学校教育及び社会教育の関係者,家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から,神栖市教育委員会が委嘱する。

3 委員の任期は,2年とする。ただし,委員が欠けた場合の補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。

4 委員の再任は,妨げない。

5 委員に特別の事情が生じた場合には,神栖市教育委員会は,その任期中であっても,これを解嘱することができる。

6 前各項に定めるもののほか,協議会に関し必要な事項は,教育委員会規則で定める。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は,教育委員会規則で定める。

付 則

この条例は,平成2年4月1日から施行する。

付 則(平成3年条例第9号)

この条例は,平成3年4月1日から施行する。

付 則(平成12年条例第13号)

この条例は,平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成16年条例第1号)

この条例は,平成16年3月1日から施行する。

付 則(平成22年条例第4号)

この条例は,平成22年4月1日から施行する。

付 則(平成24年条例第7号)

この条例は,平成24年4月1日から施行する。

神栖市立図書館の設置及び管理等に関する条例

平成2年3月31日 条例第2号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成2年3月31日 条例第2号
平成3年3月31日 条例第9号
平成12年3月28日 条例第13号
平成16年3月1日 条例第1号
平成22年3月26日 条例第4号
平成24年3月26日 条例第7号