○神栖市立図書館管理運営規則

平成2年3月31日

教委規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は,神栖市立図書館の設置及び管理等に関する条例(平成2年神栖町条例第2号)第7条の規定に基づき,神栖市立図書館(以下「図書館」という。)の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(館長)

第2条 神栖市立図書館長(以下「館長」という。)は,上司の命を受け,図書館の事務を統括し,所属職員を指揮監督する。

(分館長)

第3条 うずも図書館に分館長を置く。

2 分館長は,上司の命を受け,分館の事務を統括し,所属職員を指揮監督する。

(副参事等)

第4条 図書館に前2条に規定する職員のほか,必要に応じ次の左欄に掲げる職を置き,その職にある者は,上司の命を受け,同表右欄に掲げる職務を行うものとする。

職務

副参事

特定の事項についての企画調整及び立案に参画し,並びに特に命じられた困難な事務に当たる。

副館長

図書館の事務を処理し,館長を補佐する。

主査

特に命じられた困難な事項を処理する。

係長

分担事務を処理する。

主幹

特に命じられた事項を処理する。

主事

一般事務を処理する。

主事補

一般事務の補助を行う。

(司書等)

第5条 司書は,上司の命を受け,図書館の専門事務を処理する。

2 図書館に前3条に規定する職員のほか,必要に応じ司書補を置き,司書補は,上司の命を受け,専門事務の補助を行う。

(事務分掌)

第5条の2 図書館の事務分掌は,次のとおりとする。

1 中央図書館

(1) 全館に関すること。

(2) 管理及び庶務に関すること。

(3) 奉仕に関すること。

(4) 収集及び整理に関すること。

(5) 学校図書館支援センターに関すること。

(6) その他連絡調整に関すること。

2 うずも図書館

(1) 図書館に関すること。

(2) 管理及び庶務に関すること。

(3) 奉仕に関すること。

(4) 収集及び整理に関すること。

(事業)

第6条 図書館は,次に掲げる事業を行う。

(1) 図書館資料(法第3条第1号に規定する図書館資料をいう。以下同じ。)の収集,整理及び保存

(2) 図書館資料の貸出し

(3) 読書案内及び読書相談

(4) 参考業務

(5) 読書会,研究会,講演会及び資料展示会の主催及び奨励

(6) 図書館施設(集会室,視聴覚室及び朗読サービス室をいう。以下同じ。)の提供

(7) 図書館事業の広報宣伝

(8) 学校,公民館その他の機関との連絡及び協力

(9) 市内学校図書館との提携

(10) 図書館資料の図書館間相互貸借

(11) 読書団体との連絡及び協力

(12) 子どもの読書活動の推進に関すること

(13) 前各号に掲げるもののほか,図書館の目的達成のために必要な事業

(利用者)

第7条 図書館奉仕を受けることができる者(以下「利用者」という。)は,市内に居住し,又は通勤し,若しくは通学する者とする。ただし,館長が特に必要があると認めた者については,この限りでない。

(開館時間)

第8条 図書館の開館時間は,次のとおりとする。ただし,館長が必要と認めたときは,これを変更することができる。

神栖市立中央図書館

火曜日,水曜日,土曜日,日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日法による休日」という。) 午前10時から午後6時まで

木曜日及び金曜日 午前10時から午後7時まで

神栖市立うずも図書館

午前10時から午後6時まで

(休館日)

第9条 図書館の定期休館日は,次に定めるとおりとする。ただし,館長が必要があると認めたときは,これを変更し,又は臨時に休館することができる。

(1) 毎週月曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(3) 館内整理日(毎月第1水曜日。ただし,1月及び当該日が祝日法による休日に当たる場合は,翌週の水曜日)

(4) 特別整理期間(毎年1回10日以内)

2 館長は,前項の規定により定期休館日を変更し,又は臨時休館日を定めるに当たっては5日前までにその旨を教育委員会教育長(以下「教育長」という。)に届けるとともに,これを公示するものとする。

3 前2項に定めるもののほか,教育長が特に必要と認めたときは,臨時に開館することができる。

(入館者の心得)

第10条 入館者は,次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 貸出しを受けた場合以外には,図書館資料を持ち出さないこと。

(2) 館内においては,他人に迷惑をかけないこと。

(3) 所定の場所以外で喫煙,飲食等をしないこと。

(原状回復等)

第11条 利用者は,資料又は設備器具等をき損し,又は滅失したときは,速やかにその旨を館長に届け出なければならない。

2 館長は,前項の利用者に対して,原状回復又は損害賠償を命ずることができる。

(貸出しの手続)

第12条 図書館資料の貸出しを受けようとする者は,あらかじめ貸出登録申込書を館長に提出して,利用カードの交付を受け,これにより申し込まなければならない。

2 前項の規定にかかわらず,団体(市内の官公庁,学校,事業所,社会教育関係団体等をいう。以下同じ。)で図書資料(以下「図書」という。)の貸出しを受けようとする者は,あらかじめ団体貸出登録申込書を館長に提出して,利用カードの交付を受け,これにより申し込まなければならない。

(利用カードの取扱い)

第13条 利用カードの取扱いは,次に定めるとおりとする。

(1) 利用カードを紛失したとき,又は住所等を変更したときは,速やかにその旨を館長に届け出なければならない。

(2) 利用カードは,他人に譲渡し,又は貸与してはならない。

(3) 利用カードが登録者本人以外の者によって使用され,損害が生じた場合には,その責めは登録者本人に帰するものとする。

(図書館資料の貸出数及び貸出期間)

第14条 個人への図書館資料の貸出数及び貸出期間は,次のとおりとする。ただし,館長が必要と認めたときは,これを変更することができる。

資料名

数量

期間

備考

図書

1回に20冊以内

15日以内

 

録音資料

1回に4点以内

15日以内

 

映像資料

1回に2点以内

映像資料は,著作権処理済のもの

雑誌

1回に4冊以内

15日以内

 

その他の資料

館長指定

館長指定

 

2 団体で利用する図書の貸出し冊数は,1回150冊を限度として館長がこれを指定し,貸出機関は,2ヶ月以内とする。ただし,館長が特に必要があると認めたときは,この限りでない。

(配送貸出しの手続き)

第15条 配送による図書等(録音図書を含む。以下この条から第19条までにおいて同じ。)の貸出しを受けようとする者は,次に掲げる者で,配送貸出登録をしたものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳(以下「身体障害者手帳」という。)の交付を受けている者で,障害1級から4級までのものとする。ただし,肢体不自由(下肢障害者)においては1級から6級までの者

(2) 前号に準ずる者で配送による以外に図書館利用が困難と館長が認めたもの

2 前項に規定する配送貸出登録については,配送貸出しを利用しようとする者又はその代理人の筆記を要しない方法により,図書館職員が配送貸出登録申込書を作成し,利用カードの交付を行う。ただし,館長は,必要に応じ,登録者の身体障害者手帳を確認するものとする。

(配送貸出しの冊数等)

第16条 図書等の貸出冊数は,20冊(録音図書にあっては,図書20冊に相当する巻数)以内とし,貸出期間は,30日以内とする。

(配送貸出し等の経費)

第17条 配送による図書等の貸出し及び返却に要する経費は,市が負担する。

(貸出しの制限)

第18条 館長が特に指定した図書館資料は,貸出しを行わないものとする。ただし,閉館時刻30分前から次の開館日の開館時刻30分後までの間の一夜貸しは,この限りでない。

(図書の返却)

第19条 館長は,図書館資料を貸出期間内に返却しなかった者に対し,その状況により一定期間貸出しを停止することができる。

2 図書の貸出期限後引き続き利用しようとする者は,館長の許可を受けなければならない。ただし,継続利用の期間は,返却期日から15日間を限度とする。

(図書館施設等の利用申込み等)

第20条 図書館の施設及び設備を利用しようとする者は,図書館の施設(設備)利用申込書兼許可書(この条において「申込書兼許可書」という。)を提出し,館長の許可を受けなければならない。

2 朗読サービス室の利用に係る申込み及び許可については,前項の規定にかかわらず,口頭によるものとする。

3 第1項の利用の申込開始は,次のとおりとする。

(1) 読書グループ及び視聴覚グループにあっては,利用日前180日

(2) 前号に掲げる者以外のものにあっては,利用日前60日

4 館長は,申込書を審査し,支障がないと認めたときは,申込者に対し申込書兼許可書を交付するものとする。

5 館長は,申込書兼許可書を交付する際に,条件を付すことができる。

(図書館施設等の利用時間)

第21条 図書館の施設及び設備の利用時間は,図書館の開館時間内とする。ただし,館長が特に必要があると認めた場合は,この限りでない。

(図書館資料の寄贈及び寄託)

第22条 図書館は,図書館資料の寄贈又は寄託を受けたときは,既にある図書館資料と同様の取扱いにより,一般の利用に供することができる。

2 図書館は,寄託された図書館資料を紛失し,汚損し,又は破損したことについて,その責めを負わない。

(寄贈及び寄託の手続)

第23条 図書館に図書館資料を寄贈又は寄託しようとする者は,寄贈(寄託)申出書により申し出て,館長の承認を得て現品を提供するものとする。

2 図書館は,寄贈をした図書館資料について受贈証を発行することができる。

3 図書館は,寄託をした図書館資料について寄託証を発行するものとする。

4 寄贈及び寄託に要する経費は,寄贈者及び寄託者の負担とする。ただし,館長が特に必要があると認めたときは,その経費の一部又は全部を市が負担する。

(複写の許可)

第24条 図書館資料の複写及びプリントアウトをしようとする者は,館長の許可を受けなければならない。

(事務の処理等)

第25条 図書館における事務の処理,職員の服務等については,教育委員会事務局職員の取扱いの例による。

(帳票の様式)

第26条 必要とする帳票の様式は,館長が別に定める。

(委任)

第27条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,教育長の承認を受けて館長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この規則は,平成2年7月17日から施行する。ただし,第2条第3条第10条第15条第18条及び第26条の規定は,同年4月1日から施行する。

(波崎町の編入に伴う経過処置)

2 波崎町の編入の日前に,波崎町で作成した図書利用カードは,この規則の相当規定により作成したものとみなす。

付 則(平成3年教委規則第6号)

この規則は,平成3年5月21日から施行する。

付 則(平成6年教委規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行し,改正後の神栖町立図書館管理運営規則の規定は,平成6年4月1日から適用する。

(神栖町立図書館組織規則の廃止)

2 神栖町立図書館組織規則(平成2年神栖町教育委員会規則第7号)は,廃止する。

付 則(平成17年教委規則第15号)

この規則は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成18年教委規則第2号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。ただし,改正後の第8条の規定は平成18年3月1日から施行する。

付 則(平成22年教委規則第2号)

この規則は,平成22年4月1日から施行する。

付 則(平成23年教委規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は,平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に改正前の神栖市立図書館管理運営規則の規定により交付された利用カード(以下「旧様式」という。)については,改正後の神栖市立図書館管理運営規則の規定にかかわらず,使用することができる。

3 この規則施行の日前に作成された旧様式による利用カードで,現に残存するものは,所要の修正を加え,なお使用することができる。

付 則(平成24年教委規則第10号)

この規則は,平成24年10月1日から施行する。

付 則(平成25年教委規則第5号)

この規則は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成27年教委規則第10号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

付 則(平成28年教委規則第5号)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

付 則(平成28年教委規則第9号)

この規則は,平成28年10月1日から施行する。

付 則(平成30年教委規則第7号)

この規則は,平成30年6月1日から施行する。

神栖市立図書館管理運営規則

平成2年3月31日 教育委員会規則第5号

(平成30年6月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成2年3月31日 教育委員会規則第5号
平成3年4月26日 教育委員会規則第6号
平成6年4月28日 教育委員会規則第3号
平成17年7月26日 教育委員会規則第15号
平成18年2月22日 教育委員会規則第2号
平成22年3月25日 教育委員会規則第2号
平成23年3月25日 教育委員会規則第6号
平成24年9月26日 教育委員会規則第10号
平成25年3月25日 教育委員会規則第5号
平成27年3月25日 教育委員会規則第10号
平成28年3月25日 教育委員会規則第5号
平成28年8月31日 教育委員会規則第9号
平成30年5月31日 教育委員会規則第7号