○神栖市視聴覚ライブラリー規則

平成2年3月31日

教委規則第8号

神栖町視聴覚ライブラリー規則(昭和62年神栖町教育委員会規則第3号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 神栖市教育委員会は,視聴覚資料及び機材(以下「資料機材」という。)を合理的に収集管理し,その活用指導を図るため,視聴覚ライブラリーを設置する。

(名称及び位置)

第2条 視聴覚ライブラリーの名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

神栖市視聴覚ライブラリー

神栖市大野原四丁目8番1号神栖市立中央図書館内

(事業)

第3条 視聴覚ライブラリーは,次に掲げる事業を行う。

(1) 学校教育及び社会教育における視聴覚教育の促進

(2) 資料機材の拡充及び整備

(3) 資料機材の貸出し

(4) 視聴覚教育に関する講座及び講習会の開催

(5) 映画会,鑑賞会等の開催

(6) 資料機材目録,利用手引き等の発行

(7) その他必要と認める事項

(利用者)

第4条 資料機材を利用できる者は,市内に居住し,又は通勤し,若しくは通学する者とする。ただし,神栖市立中央図書館長(以下「館長」という。)が特に必要と認めた者については,この限りでない。

(貸出申込書による資料機材の貸出し)

第5条 資料機材の貸出しを受けようとする者は,身分証明書(免許証又は健康保険証)を提示し,かつ,視聴覚資料(機材)利用申込書(様式第1号)を提出し,館長の承認を受けなければならない。なお,申込み受付は,30日前からとする。

2 館長は,前項の規定による貸出しの申込みを承認したときは,視聴覚資料(機材)利用承認書(様式第2号)を申込者に交付するものとする。

3 前項の規定により貸出しを受けた者は,資料機材の返却の際に視聴覚資料(機材)利用報告書(様式第3号)を,館長に提出しなければならない。

4 資料機材の一切の責任は,借り受けた者に帰するものとする。

(資料機材の貸出数量及び貸出期間)

第6条 資料機材の貸出数量及び貸出期間は,次のとおりとする。ただし,館長が特に必要があると認めたときは,この限りでない。

資料機材

数量

期間

備考

映画フィルム

1回に4本以内

5日以内

 

映写機及び付属品

1回に1台

5日以内

 

その他の資料機材

館長指定

館長指定

 

(貸出しの制限)

第7条 館長が特に指定した資料機材は,館外貸出しを行わないものとする。

(利用料)

第8条 資料機材の利用料は,無料とする。

(利用の不承認)

第9条 館長は,次の各号のいずれかに該当すると認められるときは,資料機材の利用を承認しないことができる。

(1) 営利を目的とするとき。

(2) その他管理上支障があるとき。

(利用の制限)

第10条 館長は,次の各号のいずれかに該当すると認められるときは,利用条件を変更し,又は利用を停止し,若しくは利用の承認を取り消すことができる。

(1) 利用者がこの規則の規定に違反したとき。

(2) 利用目的が承認時と異なったとき。

(3) 風紀を害し,秩序を乱すとき。

(4) 災害その他の事故により資料機材が利用不能なとき。

(5) 館長が視聴覚ライブラリー運営上特に必要と認めたとき。

(原状回復等)

第11条 利用者が,資料機材をき損し,又は滅失したときは,速やかにその旨を館長に届け出なければならない。

2 館長は,前項の規定による利用者に対して,原状回復又は損害賠償を命ずることができる。

(委任)

第12条 この規則に定めるほか,視聴覚ライブラリーの管理運営に関し必要な事項は,館長が別に定める。

付 則

この規則は,平成2年4月1日から施行する。

付 則(平成3年教委規則第7号)

この規則は,平成3年5月21日から施行する。

付 則(平成16年教委規則第2号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成19年教委規則第10号)

この規則は,平成19年12月1日から施行する。

画像

画像

画像

神栖市視聴覚ライブラリー規則

平成2年3月31日 教育委員会規則第8号

(平成19年12月1日施行)