○神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付要項

平成15年3月17日

告示第6号

(趣旨)

第1条 この告示は,犬及び猫の無秩序な繁殖を抑制し,周囲に対する危害及び迷惑の防止を図るとともに,動物の愛護及び管理についての意識の高揚を図るため,犬及び猫に対する不妊・去勢手術に対して,予算の範囲内において,神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし,当該補助金の交付等については,神栖市補助金等交付規則(昭和41年神栖村規則第55号)に定めるもののほか,この告示に定めるところによる。

(補助対象者)

第2条 補助対象者は,次に掲げる要件のいずれにも該当する者とする。

(1) 犬及び猫に対する不妊・去勢手術を受けた日から引き続き本市に居住し,住民基本台帳に記録されている者

(2) 市税を滞納していない者

(補助対象動物)

第3条 補助対象動物は,前条に規定する者が飼育する犬及び猫とし,犬については,次に掲げる要件のいずれにも満たすものとする。

(1) 狂犬病予防法(昭和25年法律第247号。以下「法」という。)第4条第1項の登録を受けていること。

(2) 法第5条第1項の予防注射を補助金の交付申請日前1年以内に受けていること。ただし,同項の予防注射の実施の猶予に係る証明書が獣医師から交付されている場合は,この限りでない。

(3) 法第5条第2項の注射済票の交付を受けていること。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は,補助対象動物の不妊又は去勢手術に要した費用(消費税及び地方消費税を含む。)に3分の1を乗じて得た額(100円未満の端数があるときは,その端数を切り捨てた額)とし,犬1頭につき10,000円,猫1頭につき5,000円を限度とする。

(補助金交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は,神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付申請書(様式第1号)に手術を行った獣医師が発行した領収書等の写しを添付して市長に提出しなければならない。この場合において,申請できる期間は,当該補助対象動物の不妊・去勢手術後1年間とする。

(補助金の交付決定等)

第6条 市長は,前条の申請書の提出があったときは,内容を審査し,神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付決定・却下通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の返還)

第7条 市長は,虚偽の申請又は不正の手段により補助金の交付を受けた者に対し,補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(補則)

第8条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,平成15年4月1日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は,令和7年3月31日に限り,その効力を失う。

付 則(平成24年告示第89号)

この告示は,平成24年7月9日から施行する。

付 則(平成25年告示第38号)

この告示は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成27年告示第13号)

この告示は,平成27年4月1日から施行する。

付 則(令和2年告示第41号)

この告示は,令和2年3月31日から施行する。

付 則(令和3年告示第63号)

(施行期日)

1 この告示は,令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現にこの告示による改正前の神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付要項の規定により交付決定されている補助金の交付については,この告示による改正後の神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付要項の規定にかかわらず,なお従前の例による。

3 この告示の施行の際現にこの告示による改正前の神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付要項に定める様式により交付されている申請書は,この告示による改正後の神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付要項に定める相当様式による申請書とみなす。

画像画像

画像

神栖市犬及び猫の不妊・去勢手術補助金交付要項

平成15年3月17日 告示第6号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成15年3月17日 告示第6号
平成24年6月12日 告示第89号
平成25年3月26日 告示第38号
平成27年1月27日 告示第13号
令和2年3月30日 告示第41号
令和3年3月31日 告示第63号