○神栖市営墓地の設置及び管理に関する条例施行規則

平成元年3月31日

規則第8号

(使用許可の申請)

第2条 条例第3条第1項の規定により神栖市営墓地(以下「墓地」という。)の使用許可を受けようとする者(以下「申込者」という。)は,墓地使用許可申請書(様式第1号)に次に掲げる書類(市長が必要と認める書類に限る。)を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 火葬許可証その他焼骨を所持していることを証する書類の写し

(2) 除籍全部事項証明書,除籍謄本その他埋蔵される者の死亡を明らかにする書類

(3) 戸籍全部事項証明書,戸籍謄本その他埋蔵される者と申込者の続柄を明らかにする書類

(4) その他市長が必要と認める書類

2 市長は,前項の墓地使用許可申請書の受付については,あらかじめ受付期間を設けることができる。

(使用の許可条件等)

第3条 墓地の使用は,公共事業等の施行による墓地の変更又は廃止のため,墓地を移転する者が優先する。

2 墓地の使用場所は,申込者の受付順により市長が決定する。ただし,市長が必要と認めたときは,公募によるものとする。

3 市長は,公募により墓地を使用させようとするときは,墓地の区画数,使用申請期間等,墓地の使用について必要な事項を告示して募集する。

4 市長は,公募の結果,墓地の使用申請が競合したときは,抽選により使用させる者を決定する。

5 前項の抽選は,公開して行う。

(許可証の様式等)

第4条 条例第3条第2項及び条例第6条第3項の規定により交付する使用許可証は,墓地使用許可証(様式第2号。以下「許可証」という。)とする。

2 市長は,墓地の使用について許可しないときは,墓地使用不許可通知書(様式第3号)により申込者に通知するものとする。

(台帳等への登録)

第5条 市長は,墓地の使用を許可したときは,墓地使用者台帳(様式第4号)及び墓籍簿(様式第5号)に登録するものとする。

(焼骨の要件)

第6条 条例第3条の2第5号で定める焼骨の要件は,次のとおりとする。

(1) 申込者との間に,次に掲げる関係のうちいずれかを有していること。

 配偶者

 3親等以内の血族又は姻族

(2) 分骨でないこと。

(使用の制限)

第7条 条例第4条第2項の規定による必要な制限又は条件は,別表のとおりとする。ただし,公共事業等の施行による墓地の変更又は廃止のため墓地を移転するときその他市長が特別の理由があると認めたときは,この限りでない。

(施設等の設置)

第8条 条例第3条第2項に規定する使用者(条例第6条第3項の規定により使用許可証の交付を受けた者を含む。以下「使用者」という。)は,墓碑,囲障,形象類その他の工作物を新設し,又は改修,移転,植樹等をしようとするときは,施工日の14日前までに墓地内工事施工申請書(様式第6号)に設計書,図面その他市長が必要と認める書類を添えて市長に提出し,承認を受けなければならない。

2 市長は,前項の規定により申請があったときは,墓地内工事施工承諾(不承諾)通知書(様式第7号)により使用者に通知するものとする。

3 使用者は,第1項の工事を完了したときは,速やかに墓地内工事完了届(様式第8号)に完成写真その他市長が必要と認める書類を添えて市長に届け出なければならない。

4 市長は,前項の規定により届出があったときは,速やかに施設等の検査を行うものとする。

(埋蔵の期限の延長)

第9条 使用者は,条例第5条の2第2項の規定により埋蔵の期限を延長しようとするときは,墓地埋蔵期限延長申請書(様式第9号)に市長が必要と認める書類を添えて市長に申請しなければならない。

2 市長は,前項の規定により申請があったときは,墓地埋蔵期限延長承諾(不承諾)通知書(様式第10号)により使用者に通知するものとする。

(使用者の承継)

第10条 条例第6条第1項の規定により墓地の使用権の承継の承認を受けようとする者(以下「承継申請者」という。)は,墓地使用権承継申請書(様式第11号)に次に掲げる書類(市長が必要と認める書類に限る。)を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 許可証

(2) 承継申請者(市外に住所を有する者に限る。)の住民票の写し(本籍及び続柄が記載されているもの。)

(3) 遺言書その他承継申請者が祭を主宰する者であることを証する書類

(4) 除籍全部事項証明書,除籍謄本その他使用者の死亡を証する書類

(5) 戸籍全部事項証明書,戸籍謄本その他使用者と承継申請者との続柄を明らかにする書類

(6) その他市長が必要と認める書類

2 条例第6条第2項の規則で定める場合は,次のとおりとする。

(1) 姻族又は養親の血族の祖先の祭祀を主宰している使用者が離婚(生存配偶者が姻族関係を終了した場合を含む。)又は養子離縁した場合(婚姻又は養子縁組を取り消された場合を含む。)

(2) 前号に掲げる場合のほか,使用者が祖先の祭祀の主宰を行うことが困難になった場合その他市長が特別の理由があると認めた場合であって,使用者が使用権の承継について同意したとき。

3 市長は,墓地の使用権の承継について承認しないときは,墓地使用権承継不承認通知書(様式第12号)により承継申請者に通知するものとする。

(使用許可の取消通知)

第11条 市長は,条例第8条第1項の規定により,墓地の使用許可を取り消したときは,墓地使用許可取消通知書(様式第13号)により,使用者に通知するものとする。

(使用料の返還)

第12条 条例第10条第2項ただし書の規定により使用料を返還できる要件及び金額は,次に掲げるとおりとする。

(1) 使用者が,墓地の使用許可を受けた日から3年以内に返還を申し出たときは,既納使用料の半額

(2) その他市長が特別の理由があると認めたときは,その都度市長が定める額

2 前項の規定により使用料の返還を受けようとする者(以下「使用料返還申請者」という。)は,使用料返還申請書(様式第14号)に申請理由を証する書類を添えて市長に提出しなければならない。

(許可証の提示)

第13条 使用者は,焼骨の埋蔵又は改葬を行うときは,その都度市長に許可証を提示しなければならない。

(使用者の管理義務)

第14条 使用者は,常に使用する墓地の清浄を維持し,墓碑その他施設等の保全管理を適切に行い,危険又は迷惑を及ぼすおそれがあるときは,速やかに修理その他必要な措置を講じなければならない。

(納入通知書等)

第15条 条例第10条及び第11条に規定する使用料及び墓地管理料(以下「使用料等」という。)の納入通知書は,神栖市財務規則(昭和58年神栖町規則第1号)に規定する納入通知書とする。

2 使用料等の納期限は,次の各号に定めるものとする。

(1) 使用料の納期限は,納入通知書を発した日から起算して30日を経過した日とする。ただし,市長が必要と認めるときは,この限りでない。

(2) 墓地管理料の納期限は,毎年6月末日とする。ただし,年度中途で使用許可を受けたときの納期限は,納入通知書を発した日から起算して30日を経過した日とする。

(3) 前2号に規定する納期限が土曜日,日曜日又は国民の祝日(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは,取扱金融機関の翌営業日を納期限とする。

(督促)

第16条 市長は,使用者が納期限までに使用料等を納付しないときは,期限を指定して,納期限後30日以内に使用料督促状(様式第15号)又は墓地管理料督促状(様式第16号)を発しなければならない。

(使用料の減免)

第17条 条例第10条第1項ただし書の規定により使用料の減額又は免除(以下「減免」という。)を受けようとする者(以下「使用料減免申請者」という。)は,使用料減免申請書(様式第17号)に市長が必要と認める書類を添えて市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の規定により申請があったときは,使用料減免決定(却下)通知書(様式第18号)により使用料減免申請者に通知するものとする。

(墓地管理料の減免)

第18条 条例第11条第1項ただし書の規定により墓地管理料を減免することができる要件及び金額は,次に掲げるとおりとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による扶助を受けている者については全額

(2) その他市長が特別の理由があると認めたときは,その都度市長が定める額

2 前項の規定により墓地管理料の減免を受けようとする者(以下「墓地管理料減免申請者」という。)は,墓地管理料減免申請書(様式第19号)に市長が必要と認める書類を添えて市長に提出しなければならない。

3 市長は,前項の規定により申請があったときは,墓地管理料減免決定(却下)通知書(様式第20号)により墓地管理料減免申請者に通知するものとする。

(使用料等の減免の取消し)

第19条 市長は,前2条の規定により使用料等の減免を決定した後において,その要件を満たさなくなったとき又は申請内容が事実と異なることが判明したときは,当該決定を変更し,又は取り消すことができる。

(許可証の再交付)

第20条 使用者は,許可証を紛失し,又は汚損したときは,速やかに使用許可証再交付申請書(様式第21号)を市長に提出し,再交付を受けなければならない。この場合において,市外に住所を有する者は,住民票の写し(本籍が記載されているものに限る。第22条第2号において同じ。)を添えて提出しなければならない。

(再交付手数料)

第21条 使用者は,前条に規定する許可証の再交付を受けるときは,神栖市手数料条例(平成12年神栖町条例第7号)に定める手数料を納付しなければならない。

(許可証の書換え)

第22条 使用者は,条例第12条の規定により許可証の記載事項に異動を生じたときは,速やかに墓地使用者異動届(様式第22号)に次に掲げる書類を添えて市長に届け出て,許可証の書換えを受けなければならない。

(1) 市内に住所を有する者で住民票の写しで異動の事実を証することができないもの 戸籍全部事項証明書,戸籍謄本その他の異動の事実を証する書類

(2) 市外に住所を有する者 住民票の写し,戸籍全部事項証明書,戸籍謄本その他の異動の事実を証する書類

(墓地の返還)

第23条 使用者は,条例第13条の規定により,墓地を返還するときは,墓地返還届(様式第23号)に許可証その他市長が必要と認める書類を添えて市長に届け出なければならない。

2 市長は,前項の規定により届出があったときは,墓地返還受理通知書(様式第24号)により使用者に通知するものとする。

(補則)

第24条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この規則は,平成元年4月1日から施行する。

(神栖町営墓地設置及び管理等に関する条例施行規則等の廃止)

2 次に掲げる規則(以下「旧規則」という。)は,廃止する。

(1) 神栖町営墓地設置及び管理等に関する条例施行規則(昭和55年神栖町規則第21号)

(2) 神栖町海浜公園墓地設置及び管理に関する条例施行規則(昭和61年神栖町規則第3号)

(経過措置)

3 この規則の施行の際,旧規則に基づいてなされた許可等については,この規則に基づいてなされた許可等とみなす。

(波崎町の編入に伴う経過措置)

4 波崎町の編入の日前に,波崎町営公園墓地の設置,管理及び使用に関する条例施行規則(昭和51年波崎町規則第6号)の規定によりなされた許可等については,この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

付 則(平成4年規則第19号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成6年規則第22号)

この規則は,公布の日から施行し,改正後の神栖町営墓地の設置及び管理に関する条例施行規則の規定は,平成6年4月1日から適用する。

付 則(平成12年規則第3号)

この規則は,平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成17年規則第84号)

この規則は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成23年規則第25号)

この規則は,平成23年5月23日から施行する。

付 則(平成25年規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は,平成25年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際,改正前の神栖市営墓地の設置及び管理に関する条例施行規則の規定に基づいてなされた許可等については,改正後の神栖市営墓地の設置及び管理に関する条例施行規則の規定に基づいてなされた許可等とみなす。

付 則(平成27年規則第33号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

付 則(平成27年規則第49号)

この規則は,平成27年6月12日から施行する。

別表(第7条関係)

1 施設・設備等の規格

(1) 神栖市海浜公園墓地

区分

種別

墓石

線香立

塔婆立

高さ

奥行

高さ

第1種

納骨室上部から0.8m以下

0.9m以下

1m以下

ふた石の上に設置すること。

納骨室上部から1.2m以下

区分

種別

囲障

墓碑

形象類

その他工作物

樹木

計測基準点は縁石面とする。

高さ

第2種

0.8m以下

2m以下

1.5m以下

1.3m以下

1m以下

(2) 神栖市公園墓地松濤園

区分

種別

墓石

線香立

塔婆立

高さ

奥行

高さ

第1種

納骨室上部から0.8m以下

0.9m以下

1m以下

ふた石の上に設置すること。

納骨室上部から1.2m以下

区分

種別

囲障

墓碑

形象類

その他工作物

樹木

計測基準点は前面歩道路面とし,あ列からお列までの区画の囲障については前面境界より0.5m離すこと。

高さ

第2種

1m以下

2m以下

周辺の墓石の状況に合わせて設置すること。

2m以下

2 設備の数量等

(1) 神栖市海浜公園墓地

区分

種別

囲障

塔婆立

カロート

その他設備

ふた石

第1種

建設してはならない。

1個

原状を変更しないこと。

墓碑設置のための処分を行うことができる。

区分

種別

墓碑

墓誌

カロート

線香台

供物台

塔婆立

灯ろう

花立

第2種

1基

1個

1対

(2) 神栖市公園墓地松濤園

区分

種別

囲障

塔婆立

カロート

その他設備

ふた石

第1種

建設してはならない。

1個

原状を変更しないこと。

墓碑設置のための処分を行うことができる。

区分

種別

墓碑

墓誌

カロート

線香台

供物台

塔婆立

灯ろう

花立

第2種

1基

1個

1対

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神栖市営墓地の設置及び管理に関する条例施行規則

平成元年3月31日 規則第8号

(平成27年6月12日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成元年3月31日 規則第8号
平成4年7月1日 規則第19号
平成6年6月1日 規則第22号
平成12年3月28日 規則第3号
平成17年7月29日 規則第84号
平成23年5月23日 規則第25号
平成25年1月29日 規則第3号
平成27年3月31日 規則第33号
平成27年6月12日 規則第49号