○神栖市企業職員被服貸与規程

昭和57年4月1日

水管規程第7号

(趣旨)

第1条 この規程は,神栖市企業職員に対し職務の執行上必要な被服の貸与について定めるものとする。

(貸与職員,貸与品,員数及び貸与期間)

第2条 被服を貸与する職員(以下「職員」という。)の職種,被服の種類(以下「貸与品」という。)及び員数並びに貸与期間は,別表のとおりとする。ただし,市長が必要と認めたときは,貸与期間を伸縮することができる。

(期間計算)

第3条 貸与期間は,月をもって計算し,1か月に満たない端数は1か月とみなす。

(着用期間)

第4条 貸与品に冬期用及び夏期用の区分のあるものについての着用期間は,次に定めるところによる。

(1) 冬服 10月1日から翌年5月31日まで

(2) 夏服 6月1日から9月30日まで

(被服の着用)

第5条 職員は,職務中常に貸与被服を着用しなければならない。ただし,課長の許可を得た場合は,この限りでない。

(貸与品の給与)

第6条 貸与品の貸与期間が満了したときは,その貸与品を職員に給与する。

(再貸与の制限)

第7条 貸与期間中において貸与品をき損し,又は滅失したときは,新たに貸与しない。ただし,特に市長が認めた場合は,この限りでない。

(返納)

第8条 職員が退職,休職及び療養休暇(長期療養する場合に限る。)又は職種替えするときは,貸与品を速やかに返納しなければならない。ただし,天災地変その他避けることのできない事由又は感染症により退職したときは,この限りでない。

2 前項の規定による返納品は,更に使用期間を定めて貸与することができる。

(損害賠償)

第9条 故意又は過失により亡失又はき損等により使用に堪えなくなった場合は,職員は,その購入価格に基づいて,使用残余期間に相当する金額を弁償しなければならない。ただし,亡失し,又はき損した月は,使用残余期間として計算する。

2 前項の場合において,貸与品の亡失又はき損が職務の執行に起因するものと認められるときは,これを減額し,又は免除することができる。

(維持保存の義務)

第10条 職員は,常に貸与品の維持保存に努めなければならない。

2 前項に規定する貸与品の維持保存に必要な費用は,貸与を受けた者の負担とする。

(補則)

第11条 この規程に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この規程は,公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

貸与品

被服貸与者の範囲

事務服

作業服

作業帽

防寒着

 

 

一般事務職員(男)

24

24

12

12

 

 

 

一般事務職員(女)

24

24

 

 

 

 

 

技術職員

24

24

12

12

48

 

 

1 ○印の中の数字は,貸与被服数を示す。

2 ○印の下の数字は,貸与期間(月間)を示す。

神栖市企業職員被服貸与規程

昭和57年4月1日 水道事業管理規程第7号

(昭和57年4月1日施行)