○神栖市水道事業給水条例施行規程

平成10年3月25日

水管規程第1号

神栖町水道事業給水条例施行規程(昭和57年神栖町水道事業管理規程第1号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は,神栖市水道事業給水条例(平成10年神栖町条例第9号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(給水装置新設等の申込み)

第2条 条例第5条の規定による給水装置の新設,改造,修繕又は撤去の申込みをしようとするときは,給水装置工事申請書による。

(指定事業者の工事申請等)

第3条 条例第5条の規定により管理者に工事を申し込み,その承認を受けようとする者は,次に掲げる書類を管理者に提出しなければならない。

(1) 給水装置工事申請書

(2) その他必要な書類

2 審査の結果,不適当と認めるときは,その旨を付して指定給水装置工事事業者に再設計を命ずることができる。

(しゅん工検査)

第4条 条例第7条第2項の規定による工事検査を受けようとするときは,給水装置工事申請書を管理者に提出し,当該工事を担当した給水装置工事主任技術者の立会いの上,検査を受けなければならない。

2 検査の結果,不完全と認めた場合は指定する期限内に改修しなければならない。

(しゅん工検査の方法)

第5条 前条のしゅん工検査の方法は,次のとおりとする。

(1) 給水装置の設置基準検査

(2) 水圧検査

(3) 使用材料の確認

(4) 設計図との照合検査

(5) 埋戻検査

(6) その他必要部分の検査

(配水分岐の立会い)

第6条 指定給水装置工事事業者は,配水管から分岐する工事のときは,市の当該職員の立会いの上でなければ配水管にせん孔することができない。

(工事の標識)

第7条 公道部分を掘削するときは,道路占用許可を得てから着工しなければならない。この場合,給水工事現場には,工期,作業種別,指定給水装置工事事業者名,給水装置工事主任技術者名のほか,危険標示をした標識板及び危険灯を掲げなければならない。

(修繕工事)

第8条 所有者等から修繕工事の請求を受けた指定給水装置工事事業者は,遅滞なくこれに応じなければならない。

2 指定給水装置工事事業者は,給水装置を修繕したときは,直ちに管理者に届け出なければならない。ただし,使用水量に影響のないものについては,毎月末日にその月分をまとめて届け出ることができる。

(責任修理)

第9条 工事しゅん工後1年以内に生じた故障については,当該工事を行った指定給水装置工事事業者が自費をもって修理しなければならない。ただし,その故障が不可抗力若しくは所有者等の故意又は過失によるときは,この限りでない。

(利害関係人の同意書)

第10条 条例第7条第3項に規定する利害関係人の同意は,給水装置工事申請書による。

(給水の申込み及び承認)

第11条 条例第11条の規定による給水の申込みをしようとするときは,神栖市/水道/下水道/申込書による。

2 前項の申込みを承認するときは,給水承認書による。

(代理人の選任及び変更)

第12条 条例第12条の規定による代理人を選任したときの届出は,代理人選任届による。

2 代理人を変更したとき又は代理人の住所若しくは氏名に変更があったときの届出は,代理人(住所・氏名)変更届による。

(管理人の選定及び変更)

第13条 条例第13条の規定による管理人を選定したときの届出は,管理人選定届による。

2 条例第13条の規定により,管理人を変更したときの届出は,管理人変更届による。

(代理人又は管理人の変更命令)

第14条 条例第12条第2項の規定による代理人又は条例第13条第2項の規定による管理人の変更を命ずるときは,代理人(管理人)変更命令書による。

(給水をやめるときの届出)

第15条 条例第16条第1項第1号の規定により給水を受けることをやめるときの届出は,水道使用中止(一時中止)届による。

(消防演習のため私設消火栓を使用するときの届出)

第16条 条例第16条第1項第2号の規定により,消防演習のため私設消火栓を使用するときの届出は,私設消火栓消防演習使用届による。

(給水装置を消防の用に供したときの届出)

第17条 条例第16条第2項第3号の規定により,給水装置を消防の用に供したときの届出は,給水装置消防使用届による。

(水道使用者等の氏名等の変更の届出)

第18条 条例第16条第2項第1号の規定により,水道使用者等の氏名若しくは名称又は住所に変更があったときの届出は,水道使用者等氏名(名称,住所)変更届による。

(量水器亡失等の届出)

第19条 条例第15条第3項の規定により量水器を亡失し,又は棄損したときの届出は,量水器亡失(棄損)届による。

(給水装置に異状があるときの届出)

第20条 条例第18条第1項の規定により,給水装置に異状があるときの届出は,給水装置異状届による。

(給水装置の所有者変更届)

第21条 条例第16条第2項第2号の規定により給水装置の所有者に変更があったときの届出は,給水装置所有者変更届による。

(給水装置又は水質の検査請求書)

第22条 条例第19条第1項の規定により水道使用者等が給水装置又は水質の検査を請求するときは,給水装置(水質)検査請求書による。

2 市長が条例第19条第1項の規定による,給水装置又は水質について検査を行ったときの請求者に対する通知は,給水装置(水質)検査結果通知書による。

(給水装置検査員証の携帯)

第23条 水道法(昭和32年法律第177号)第17条の規定により,職員が検査のため土地又は建築物に立ち入ろうとするときは,給水装置検査員証(以下「証票」という。)を携帯し,関係人の請求があったときは,これを提示しなければならない。

(遵守事項)

第23条の2 証票の交付を受けた者は,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 証票は,他人に貸与し,又は譲渡してはならない。

(2) 証票を紛失し,又はき損したときは,直ちに市長に届け出て再交付を受けなければならない。

(3) 証票の交付を受けた職員が当該職務を免じられたときは,直ちに市長に証票を返還しなければならない。

(交付簿の管理)

第23条の3 市長は,証票を交付し,又は返還されたときは,給水装置検査員証交付簿に必要な事項を記載し,管理するものとする。

(給水停止の通知)

第24条 条例第32条の規定により市長が給水の停止をするときは,給水停止通知書による。

(量水器の検針)

第25条 条例第22条の規定による定例日は,別に定める。

2 市長は,量水器により給水量を検針したときは,その都度,使用水量を水道の使用者に通知する。

3 量水器の指示量に1立方メートル未満の端数があるときは,検針の翌月に繰り越して計算する。

(納入通知書)

第25条の2 水道料金の納入通知書の様式は,次に定めるところによる。

(1) 納入通知書の方法により徴収する場合は,神栖市水道事業会計規程(平成17年神栖町水道事業管理規程第2号。以下「会計規程」という。)第130条に規定する神栖市 水道料金 下水道使用料 納入通知書兼領収証書とする。

(2) 口座振替の方法により徴収する場合は,神栖市 水道料金 下水道使用料 納入通知書兼口座振替領収済通知書とする。

2 前項の規定にかかわらず,条例に規定する歳入(水道料金を除く。)の納入通知書の様式は,会計規程第130条に規定する納入通知書兼領収書(その1~その4)とする。

(水道料金等の納期限)

第26条 水道料金及び修繕費の納期限は,次に定めるところによる。

(1) 前条第1項第1号及び第2項の規定により徴収するときは,納入通知書を発した日から起算して15日を経過した日とする。

(2) 前条第1項第2号の規定により徴収するときは,毎月26日とする。ただし,振替日が土曜日,日曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは,取扱金融機関の翌営業日とする。

(督促)

第27条 市長は,水道使用者等が納期限までに水道料金又は修繕費を納付しないときは,期限を指定して,納期限後30日以内に督促状(会計規程第130条に規定する神栖市 水道料金 下水道使用料 督促状兼領収証書又は修繕費督促状。以下「督促状」という。)を発しなければならない。

2 前項の督促状に指定する期限は,督促状を発した日から起算して10日を経過した日とする。

(加入金の還付)

第28条 条例第27条第4項ただし書の特別の理由は,次に掲げるとおりとする。

(1) 工事着手前に,工事を中止して申込みを取り消した場合

(2) 工事着手前に,給水管の口径を減ずる設計変更が生じて申込みを変更した場合

(3) 前2号に準ずると市長が認めた場合

(申請書等の様式)

第29条 次の表の左欄に掲げる各条項に規定する当該中欄に掲げる申請書等の様式は,それぞれ当該右欄に掲げるとおりとする。

該当条項

申請書等の種類

様式

第3条第1項

給水装置工事申請書

第1号

第11条第1項

神栖市/水道/下水道/申込書

第2号

第11条第2項

給水承認書

第3号

第12条第1項

代理人選任届

第4号

第12条第2項

代理人(住所・氏名)変更届

第5号

第13条第1項

管理人選定届

第6号

第13条第2項

管理人変更届

第7号

第14条

代理人(管理人)変更命令書

第8号

第15条

水道使用中止(一時中止)

第9号

第16条

私設消火栓消防演習使用届

第10号

第17条

給水装置消防使用届

第11号

第18条

水道使用者等氏名(名称,住所)変更届

第12号

第19条

量水器亡失(棄損)

第13号

第20条

給水装置異状届

第14号

第21条

給水装置所有者変更届

第15号

第22条第1項

給水装置(水質)検査請求書

第16号

第22条第2項

給水装置(水質)検査結果通知書

第17号

第23条

給水装置検査員証

第18号

第23条の3

給水装置検査員証交付簿

第18号の2

第24条

給水停止通知書

第19号

第25条の2

神栖市 水道料金 下水道使用料 納入通知書兼口座振替領収済通知書

第20号

付 則

この規程は,平成10年4月1日から施行する。

付 則(平成14年水管規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は,公布の日から施行し,平成14年11月1日から適用する。

付 則(平成16年水管規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

付 則(平成17年水管規程第3号)

この規程は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成18年水管規程第4号)

この規程は,平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成19年水管規程第3号)

この規程は,平成20年1月1日から施行する。

付 則(平成23年水管規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

(適用区分)

2 この規程による改正後の神栖市水道事業給水条例施行規程様式第20号の規定は,平成23年6月分の使用料から適用し,同月前の使用料については,なお従前の例による。

付 則(平成24年水管規程第2号)

この規程は,平成24年4月1日から施行する。

付 則(平成25年水管規程第2号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成28年水管規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は,行政不服審査法(平成26年法律第68号)の施行の日(平成28年4月1日)から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の際,第1条の規定による改正前の神栖市水道事業会計規程及び第2条の規定による改正前の神栖市水道事業給水条例施行規程に規定する様式による用紙で,現に残存するものは,当分の間,所要の修正を加え,なお使用することができる。

付 則(平成29年水管規程第1号)

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神栖市水道事業給水条例施行規程

平成10年3月25日 水道事業管理規程第1号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第4章
沿革情報
平成10年3月25日 水道事業管理規程第1号
平成14年11月22日 水道事業管理規程第1号
平成16年2月9日 水道事業管理規程第1号
平成17年7月26日 水道事業管理規程第3号
平成18年3月31日 水道事業管理規程第4号
平成19年10月23日 水道事業管理規程第3号
平成23年3月18日 水道事業管理規程第1号
平成24年3月30日 水道事業管理規程第2号
平成25年3月25日 水道事業管理規程第2号
平成28年3月14日 水道事業管理規程第1号
平成29年3月30日 水道事業管理規程第1号