○神栖市消防団員及び分団に対する被服等貸与規則

昭和51年7月23日

規則第19号

(趣旨)

第1条 神栖市消防団員(以下「団員」という。)及び分団に対する被服等の貸与については,この規則の定めるところによる。

(貸与被服等の品目及び期間)

第2条 団員及び分団に貸与する被服等の品目及び貸与期間は,別表のとおりとする。ただし,貸与期間満了後において当該被服等が更に使用に耐える場合には,貸与期間を延長することができる。

(使用管理)

第3条 団員及び分団は,貸与された被服等について適切な注意をもって使用保管し,使用保管するに当たって通常必要とする費用を負担しなければならない。

2 貸与された被服等は,団員以外の者に使用させてはならない。また,団員であっても,消防の用務に従事するとき以外に使用してはならない。

3 市は,消防団員被服等貸与台帳(様式第1号)を備え,被服等の貸与状況を明確にしておかなければならない。

4 団員及び分団は,貸与された被服等について,盗難,損傷等があったときは,速やかに市長に報告しなければならない。

(弁償及び再貸与)

第4条 団員及び分団は,貸与された被服等を自己の責めに帰すべき事由によりき損し,又は紛失したときは,弁償しなければならない。ただし,自己の責めに帰すべき事由によらずき損し,紛失した場合は,この限りでない。

2 前項ただし書の場合において,団員又は分団から消防団員被服等再貸与願(様式第2号)により再貸与の申請がなされたときは,市は代品を再貸与するものとする。

(貸与された被服等の返納)

第5条 団員が退職し,若しくは死亡したとき又は貸与期間が満了したときは,貸与された被服等を返納するものとする。

(貸与期限の計算)

第6条 被服等の貸与期限は,貸与の月から起算して定める。

(補則)

第7条 この規則の施行に際し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行に際し,既に貸与を受けている被服等については,この規則により貸与されたものとみなし,貸与品の貸与期限については,それぞれ貸与したときからこれを起算する。

(波崎町の編入に伴う経過措置)

3 波崎町の編入の日前に,波崎町消防団員被服等貸与規則(昭和42年波崎町規則第1号。以下「波崎町規則」という。)の規定により貸与されている貸与品については,貸与期間が終了するまでに限り,波崎町規則の例による。

付 則(平成14年規則第17号)

1 この規則は,公布の日から施行する。

2 この規則の施行の際,現に貸与している被服等については,なお従前のとおりとする。

付 則(平成17年規則第13号)

この規則は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成21年規則第29号)

この規則は,平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成29年規則第2号)

この規則は,平成29年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

品名

団長

副団長1人につき

本部員1人につき

分団長1人につき

副分団長1人につき

部長1人につき

班長1人につき

団員1人につき

分団1分団につき

女性団員

貸与期間

盛夏服(着)

1

1

1








8年

防寒服(着)

1

1

1








8年

制服(着)

1

1

1







1

8年

活動服(着)

1

1

1

1

1

1

1

1


1

8年

制帽(個)

1

1

1







1

8年

アポロキャップ(個)

1

1

1

1

1

1

1

1


1

8年

ネクタイ(本)

1

1

1







1

8年

長靴(革)(足)

1

1

1








8年

長靴(ゴム)(足)

1

1

1






10


4年

防火衣(着)

1

1

1






5


8年

階級章(個)

1

1

1

1

1

1

1

1


1

入団時のみ

※ 階級章については,入団時のみとし,階級が変更の際は交替するものとする。

画像

画像

神栖市消防団員及び分団に対する被服等貸与規則

昭和51年7月23日 規則第19号

(平成29年4月1日施行)