○神栖市タクシー借上規程

平成5年4月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は,神栖市がタクシーを借り上げることに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(2) 次長 市規則第15条に規定する部の次長,総合支所の次長及び福祉事務所の所長をいう。

(借上目的)

第3条 タクシーの借上は,公用車を使用できない場合又はタクシーの使用が合理的であると認められる場合において,次に掲げるときに限るものとする。

(1) 公用車がないとき。

(2) 会議等への出席でタクシーを使用することが合理的であると認められるとき。

(3) 講師等の送迎で儀礼上必要があると認められるとき。

(4) その他市長が必要と認めるとき。

(交付手帳)

第4条 部長,課長又は施設長(以下「管理者」という。)は,タクシーの使用が必要であると認めるときは,タクシー借上票(様式第1号。以下「借上票」という。)及びタクシー借上票交付簿(様式第2号。以下「交付簿」という。)に料金及び会社名以外の事項を記載の上,タクシーを使用しようとする者(以下「使用者」という。)に借上票を交付するものとする。

(使用方法等)

第5条 使用者は,タクシー業者に借上票を提示して使用し,降車の際料金を記載してから,交付するものとする。

2 使用者は,タクシー使用後速やかに使用業者名及び使用料金等を管理者に報告しなければならない。

3 前項の報告を受けた管理者は,使用目的のとおり使用されたことを確認の上,借上票の原符及び交付簿に所要事項を記載し,整理するものとする。

(実績報告)

第6条 管理者は,毎月の使用実績を翌月の5日までにタクシー使用実績報告書(様式第3号。以下「実績報告書」という。)により,財産主管課長に報告しなければならない。

(支払)

第7条 財産主管課長は,前条の実績報告書及びタクシー業者から提出された請求書並びに借上票を照合し,確認の上,支払処理を行うものとする。ただし,施設長が交付したものに係る請求分については,次項に定めるところによる。

2 施設長が交付したものについては,財産主管課長は,前項に定める照合確認の後,請求書の写しを施設長へ送付し,施設長は,送付された請求書と使用実績を照合し,確認の上,支払処理を行うものとする。

(借上票の配布及び管理)

第8条 管理者等が借上票の配布を受けようとするときは,あらかじめタクシー借上票配布請求書(様式第4号)を財産主管課長に提出して借上票を受領し,交付簿とともに,管理するものとする。

2 財産主管課長は,前項の配布請求があったときは,あらかじめ通し番号を付した借上票を配布し,タクシー借上票配布台帳(様式第5号。以下「配布台帳」という。)に記載し,管理するものとする。ただし,2回目以後に配布するときは,既に配布したものの原符を受領してから配布するものとする。

(交付簿の返却等)

第9条 管理者は,年度終了後当該年度の交付簿及び未交付の借上票を,財産主管課長へ返却しなければならない。

2 財産主管課長は,前項の返却があったときは,配布台帳にその旨を記載し,他の関係書類とともに整理し,保存するものとする。

(補則)

第10条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成5年4月1日から施行する。

付 則(平成17年訓令第28号)

この訓令は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成19年訓令第24号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成25年訓令第13号)

この訓令は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成27年訓令第23号)

この訓令は,公布の日から施行する。

様式 略

神栖市タクシー借上規程

平成5年4月1日 訓令第4号

(平成27年12月21日施行)

体系情報
第6編 務/第5章
沿革情報
平成5年4月1日 訓令第4号
平成17年7月12日 訓令第28号
平成19年3月29日 訓令第24号
平成25年4月1日 訓令第13号
平成27年12月21日 訓令第23号