○神栖市地域包括支援センター相談協力員に関する規程

平成18年3月31日

告示第44号

(趣旨)

第1条 この告示は,地域包括支援センター運営事業等の実施について神栖市地域包括支援センター運営事業実施要項(平成18年神栖市告示第43号)により,市内に設置された地域包括支援センター(以下「支援センター」という。)の円滑な運営に資するため,神栖市地域包括支援センター相談協力員(以下「相談協力員」という。)に関し必要な事項を定める。

(委嘱)

第2条 相談協力員は,民生委員法(昭和23年法律第198号)による民生委員である者及び福祉活動に携わる者から,市長が委嘱する。

(職務)

第3条 相談協力員は,次に掲げる職務を行う。

(1) 地域の要援護高齢者等に対する保健福祉サービス及び支援センターの紹介等を行うこと。

(2) 保健福祉サービスの広報及びその積極的活用についての啓発を行うこと。

(服務)

第4条 相談協力員は,相互間の連絡を密にし,常に職務遂行上必要な知識の習得に努めなければならない。

(任期)

第5条 相談協力員の任期は,3年とする。ただし,補欠として委嘱された相談協力員の任期は,前任者の残任期間とする。

2 前項の規定にかかわらず,相談協力員のうち民生委員である相談協力員が,当該職を退いたときは,その身分を失うものとする。

(補則)

第6条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,平成18年4月1日から施行する。

神栖市地域包括支援センター相談協力員に関する規程

平成18年3月31日 告示第44号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成18年3月31日 告示第44号