○神栖市建設工事成績採点基準

平成18年9月29日

訓令第46号

神栖市建設工事成績採点基準(平成10年神栖町訓令第28号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この訓令は,建設工事(以下「工事」という。)に係る建設工事成績の評定(以下「評定」という。)について,神栖市建設工事検査規程(平成18年神栖市訓令第45号)第13条第1項の規定に基づき,必要な事項を定め厳正かつ的確な評定の実施を図り,もって請負業者の適正な選定及び指導育成に資することを目的とする。

(評定の対象となる工事)

第2条 評定は,1件の請負金額が130万円以上の工事について行うものとする。ただし,災害等による災害復旧工事については,この訓令による評定を省略することができる。

(評定者)

第3条 評定を行う者(以下「評定者」という。)は,検査員,総括監督員及び監督員とする。

(評定の方法)

第4条 評定は,監督又は検査により確認した事項に基づき,評定者ごとに独立して的確かつ公平に行うものとする。ただし,一つの工事で評定者となるものが2人以上となる場合は,それらの者が協議して評定を行うものとする。

2 評定は,建設工事成績採点表(様式第1号。以下「採点表」という。)に採点し,評定する。

3 前項に規定する採点は,別表により行う。

4 検査員は,評定結果を建設工事成績評定表(様式第2号)に記録する。

(評定の時期等)

第5条 監督員は,工事完成確認後に採点表を作成し,総括監督員の評定後,速やかに検査主管課長に送付しなければならない。

2 検査員は,完成検査が完了したとき又は再検査が完了したときは,前項の検査主管課長に送付された採点表に必要事項を記入し,検査主管部課長に報告しなければならない。

(評定結果の通知及び回答)

第6条 評定結果の通知及び回答に関する必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成18年10月1日から施行する。

付 則(平成23年訓令第7号)

この訓令は,平成23年4月1日から施行する。

付 則(令和元年訓令第4号)

この訓令は,令和元年7月1日から施行する。

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

画像

画像

神栖市建設工事成績採点基準

平成18年9月29日 訓令第46号

(令和元年7月1日施行)