○神栖市積立基金条例

平成19年9月27日

条例第28号

(趣旨)

第1条 この条例は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第241条の規定に基づき,基金の設置,管理及び処分に関し法令に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 基金を,別表左欄のとおり設置する。

(積立て)

第3条 基金は,別表中欄に掲げる目的のため同欄に掲げる額を積み立てるものとする。

2 基金の運用から生ずる収益は,毎会計年度の歳入歳出予算に計上してその基金に編入し,又はその基金の目的とする事業に充てることができる。

3 基金に積み立てる額は,決算剰余金の全部又は一部のほか,予算で定める。

(管理)

第4条 基金に属する現金は,銀行その他の金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。

2 基金に属する現金は,必要に応じ最も確実かつ有利な有価証券に代えることができる。

(処分)

第5条 基金は,別表右欄に掲げる場合に限り,その全部又は一部を処分することができる。

(繰替運用)

第6条 市長は,財政上必要があると認めるときは,確実な繰戻しの方法,期間及び利率を定めて,基金に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用することができる。ただし,神栖市神之池用水機場等施設維持管理基金,神栖市農業用用排水施設維持管理基金を除く。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか,基金の管理に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は,平成19年10月1日から施行する。

(既存条例の廃止)

2 次に掲げる条例は,廃止する。

(1) 神栖市財政調整基金の設置,管理及び処分に関する条例(昭和44年神栖村条例第9号)

(2) 神栖市減債基金条例(平成18年神栖市条例第8号)

(3) 神栖市国際交流基金の設置,管理及び処分に関する条例(平成5年神栖町条例第2号)

(4) 神栖市鹿島開発記念事業基金の設置,管理及び処分に関する条例(平成5年神栖町条例第14号)

(5) 神栖市協働のまちづくり推進基金条例(平成19年神栖市条例第12号)

(6) 神栖市地域福祉基金の設置及び管理に関する条例(平成6年神栖町条例第6号)

(7) 神栖市神之池用水機場等施設維持管理基金の設置,管理及び処分に関する条例(平成5年神栖町条例第3号)

(8) 神栖市農業用用排水施設維持管理基金の設置及び管理に関する条例(昭和63年神栖町条例第14号)

(9) 神栖市学校教育施設建設基金条例(平成12年神栖町条例第5号)

(10) 飯田愛子青少年交流基金条例(平成17年神栖町条例第44号)

(経過措置)

3 この条例施行の際,現に前項の規定による廃止前の条例の規定により設置されている基本財産及び積立金額は,この条例の規定に基づく基金とみなす。

付 則(平成22年条例第13号)

この条例は,平成22年4月1日から施行する。

付 則(平成24年条例第31号)

この条例は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成26年条例第3号)

この条例は,平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成28年条例第9号)

この条例は,平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条,第3条,第5条関係)

名称

目的及び積立の額

処分

神栖市財政調整基金

年度間の財政の調整を行い,市財政の健全な運営に資するため次の金額を積み立てる。

1 地方財政法(昭和23年法律第109号。以下「法」という。)第4条の3第1項の規定に基づく金額

2 法第7条第1項の規定に基づく金額

3 その他市長が必要と認めた金額

1 経済事情の変動等により財源が著しく不足する場合において当該不足額をうめるための財源に充てるとき。

2 災害により生じた経費の財源又は災害により生じた減収をうめるための財源に充てるとき。

3 緊急に実施することが必要となった大規模な土木その他の建設事業の経費その他必要やむを得ない理由により生じた経費の財源に充てるとき。

4 長期にわたる財源の育成のためにする財産の取得等のための経費の財源に充てるとき。

5 償還期限を繰り上げて行う市債の償還の財源に充てるとき。

6 その他市長が市財政の運営上特に必要と認めるとき。

神栖市減債基金

市債の償還財源を確保し,健全な財政運営に資するため,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

1 経済事情の変動等により財源が著しく不足する場合において市債の償還の財源に充てるとき。

2 市債の償還額が他の年度に比して著しく多額となる年度において,市債の償還の財源に充てるとき。

3 償還期限を繰り上げて行う市債の償還の財源に充てるとき。

神栖市国際交流基金

広く市民の国際化に向けて,多角的国際交流事業を展開するため,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

国際交流事業に要する経費の財源に充てるとき。

神栖市協働のまちづくり推進基金

市民及び行政が一体となった協働のまちづくりの推進に要する経費の財源に充てるため,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

市民及び行政が一体となった協働のまちづくりの推進に要する経費の財源に充てるとき。

神栖市ふるさとづくり基金

ふるさと納税寄附金を,ふるさとづくりの推進に要する経費の財源に充てるため,寄附された金額を積み立てる。

ふるさとづくりに資する事業に要する経費の財源に充てるとき。

神栖市次世代応援基金

市の将来を担う世代の育成のため,市が茨城県から取得した鹿島開発用地の譲渡金の他,市長が必要と認めた金額を基金に積み立てる。

市の将来を担う世代の育成のための事業に要する経費の財源に充てるとき。

神栖市公共施設整備基金

公共施設(ただし,学校教育施設を除く。)の計画的かつ効率的な整備,修繕等に要する経費の財源に充てるため,市長が必要と認めた金額を基金に積み立てる。

公共施設(ただし,学校教育施設を除く。)の計画的かつ効率的な整備,修繕等をするための事業に要する経費の財源に充てるとき。

神栖市地域福祉基金

地域における福祉の増進及び民間福祉活動に対する助成等に資するため,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

地域における福祉の増進及び民間福祉活動に対する助成等に資するための事業実施に必要な経費の財源に充てるとき。

神栖市神之池用水機場等施設維持管理基金

茨城県が鹿島臨海工業地帯造成事業により建設し,本市が移管を受けた神之池用水機場及び堀割川南部用水機場(以下「機場」という。)を有効かつ適正に管理するため,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

1 機場の維持管理に必要な経費

2 機場の施設更新に必要な経費

3 その他市長が必要と認めたもの

神栖市農業用用排水施設維持管理基金

本市において,水資源開発公団が施行する霞ケ浦開発事業により建設された農業用用排水施設等を有効かつ適正に管理することを目的とし,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

1 農業用用排水施設の維持管理において,出水及び災害等により著しく不足する経費を補填する場合

2 老朽化した施設に係る工事及び機械等を補修交換する場合

3 その他市長が必要と認めたもの

神栖市学校教育施設建設基金

市における学校教育施設の建設(新築,増築及び改築をいう。以下同じ。)及び大規模改修事業に要する経費の財源に充てるため,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

学校教育施設の建設及び大規模改修事業に該当するとき。

飯田愛子青少年交流基金

青少年の地域間交流や海外研修の機会を確保し,もって未来を担う心豊かな人材を育成するため,市長が必要と認めた金額を積み立てる。

1 小学生,中学生及び高校生の地域間交流事業並びに海外研修事業

2 その他青少年の交流事業の経費の財源に充てるとき。

神栖市積立基金条例

平成19年9月27日 条例第28号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第5章
沿革情報
平成19年9月27日 条例第28号
平成22年3月26日 条例第13号
平成24年12月21日 条例第31号
平成26年3月24日 条例第3号
平成28年3月29日 条例第9号