○神栖市認可地縁団体印鑑条例施行規則

平成20年3月31日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は,神栖市認可地縁団体印鑑条例(平成20年神栖市条例第19号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(印鑑登録原票)

第2条 条例第6条に規定する認可地縁団体印鑑登録原票(以下「印鑑票」という。)には,印影のほか,次に掲げる事項を登録するものとする。

(1) 登録番号

(2) 登録年月日

(3) 認可地縁団体の名称

(4) 認可地縁団体の主たる事務所の所在地

(5) 認可地縁団体の認可年月日

(6) 登録資格

(7) 代表者等の氏名

(8) 代表者等の生年月日

(9) 代表者等の住所

2 前項に掲げる事項のほか,市長は,認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関して必要と認める事項を登録することができる。

(印鑑登録証明)

第3条 条例第8条の規則に定める事項とは,次に定めるものとする。

(1) 認可地縁団体の名称

(2) 認可地縁団体の主たる事務所の所在地

(3) 登録資格

(4) 代表者等の氏名

(5) 代表者等の生年月日

(申請書等の様式)

第4条 条例の規定による諸様式は,次に定めるところによる。

(1) 認可地縁団体印鑑登録申請書(様式第1号)

(2) 認可地縁団体印鑑登録原票(様式第2号)

(3) 認可地縁団体印鑑登録証明書交付申請書(様式第3号)

(4) 認可地縁団体印鑑登録証明書(様式第4号)

(5) 認可地縁団体印鑑登録廃止届出書(様式第5号)

(6) 認可地縁団体印鑑登録抹消通知書(様式第6号)

(文書保存年限)

第5条 条例第9条又は第12条の規定により抹消した印鑑に関する文書の保存年限は,次のとおりとする。

(1) 印鑑票の除票 抹消された日の属する月の翌月から5年間

(2) 前号に掲げる書類以外の書類 受理された日の属する月の翌月から2年間

付 則

この規則は,平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神栖市認可地縁団体印鑑条例施行規則

平成20年3月31日 規則第23号

(平成20年4月1日施行)