○神栖市営住宅管理人規則

平成21年3月4日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は,神栖市営住宅条例(平成9年神栖町条例第11号)第56条第3項の規定に基づき,市営住宅管理人(以下「管理人」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(管理人の選任)

第2条 管理人は,市営住宅(以下「住宅」という。)に入居している者から構成される組織(以下「自治会等」という。)から適任と認める者を委嘱する。ただし,海浜第一住宅,海浜第二住宅及び海浜第三住宅にあっては,海浜自治会会長を管理人に委嘱するものとする。

(管理人の職務)

第3条 管理人の職務は,次のとおりとする。

(1) 次に掲げるときに,住宅管理主管課長に報告をすること。

 住宅の転貸,無断の同居又は退去,無許可の造作変更又は模様替え等の行為を認めたとき。

 住宅又は附属設備の維持保存上修繕を要すると認めたとき。

 火災その他非常災害が発生したとき。

 その他管理上必要な事項があると認めたとき。

(2) 所管区域について,次に掲げる住宅管理の業務を行うこと。

 共有電気設備の維持管理

 防犯活動

 共有施設の維持管理

(3) 市からの文書の周知を行うこと。

(4) 市と入居者との間の情報伝達が円滑になるように努めること。

(報償費)

第4条 市は,自治会等に報償費を支給することができる。

2 報償費の額は,別表に定める基本額及び戸数割額の合計額とする。

付 則

この規則は,平成21年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

基本額

年額2,000円(1棟当たり)

戸数割額

月額80円(1戸当たり)

神栖市営住宅管理人規則

平成21年3月4日 規則第9号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 住宅・建築
沿革情報
平成21年3月4日 規則第9号