○神栖市斎場等の設置及び管理に関する条例

平成21年6月23日

条例第31号

神栖市斎場の設置及び管理に関する条例(平成8年神栖町条例第10号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき,斎場等の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 環境衛生の向上及び市民の福祉の増進に寄与するため,斎場等を設置する。

(名称及び位置)

第3条 斎場等の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

かみす聖苑

神栖市南浜1番地9

はさき火葬場

神栖市波崎9598番地

(施設等)

第4条 斎場等に,次に掲げる施設等を置く。

(1) 火葬場 墓地,埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号)第2条第7項に規定する火葬を行う施設

(2) 式場 かみす聖苑の利用に供する葬儀等を行う施設

(休館日)

第5条 斎場等の休館日は,1月1日から1月3日までの日とする。

2 市長は,前項の規定にかかわらず,必要と認めるときは,休館日を変更し,又は臨時に休館日を定めることができる。

(利用時間及び受付時間)

第6条 斎場等の利用時間及び受付時間は,次に掲げるとおりとする。

(1) 利用時間

 火葬場については,午前9時から午後5時までとする。

 式場については,午前9時から午後9時までとし,仮眠を要する通夜については,午後9時から翌日の午前9時までとする。

(2) 受付時間

午前8時30分から午後5時15分までとする。

2 市長は,前項の規定にかかわらず,特別の理由があると認めるときは,利用時間及び受付時間を変更することができる。

(指定管理者による管理)

第7条 市長は,地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき,法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に,施設等の管理に関する業務のうち,次に掲げる業務を行わせることができる。

(1) 火葬に関する業務

(2) 斎場等の利用の受付及び許可に関する業務

(3) 斎場等の利用料の徴収等に関する業務

(4) 斎場等の維持管理に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか,市長が必要と認める業務

2 前項の規定により市長が指定管理者に同項各号に掲げる業務(以下「管理業務」という。)を行わせる場合における第12条及び第13条の規定の適用については,これらの規定中「市長」とあるのは,「指定管理者」とする。

(指定管理者の指定の手続)

第8条 指定管理者の指定は,規則で定めるところにより,指定を受けようとするものの申請により行う。

2 市長は,前項の規定による申請があったときは,次に掲げる基準により最も適切な管理を行うことができると認めるものを指定管理者として指定するものとする。

(1) 事業計画の内容が市民の公平な利用を確保することができるものであること。

(2) 事業計画の内容が斎場等の効用を最大限に発揮させるものであること。

(3) 事業計画の内容が斎場等の管理に係る経費の縮減が図られるものであること。

(4) 事業計画に沿った管理を安定して行う能力を有すること。

(指定管理者の候補者の選定の特例)

第9条 市長は,前条第1項の規定による申請がなかった場合又は前条第2項各号のいずれにも該当するものがなかった場合においては,斎場等の設置目的を効果的かつ効率的に達成することができると思量する市が出資等している法人,公共団体又は公共的団体を指定管理者の候補者として選定することができる。

2 前項の規定により選定するときは,市長は,当該団体と協議し,前条の規定に係る申請を求め,総合的に判断を行うものとする。

(指定管理者の指定の告示等)

第10条 市長は,地方自治法第244条の2第3項の規定により指定を行い,又は同条第11項の規定により指定を取り消し,若しくは管理業務の全部若しくは一部の停止を命じたときは,その旨を告示しなければならない。

(指定管理者の管理の基準等)

第11条 指定管理者は,次に掲げる基準により管理業務を行わなければならない。

(1) 関係する法令,条例及び規則等を遵守し,適正に施設等の運営を行うこと。

(2) 斎場等の運営及び設備の維持管理を適切に行うこと。

2 指定管理者は,次に掲げる事項について市長と協定を締結しなければならない。

(1) 前項各号に掲げる基準に関し必要な事項

(2) 管理業務の実施に関し必要な事項

(3) 管理業務の事業報告に関し必要な事項

(4) 前3号に掲げるもののほか,斎場等の適正な管理に関し必要な事項

(利用の許可)

第12条 斎場等を利用しようとする者は,あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,斎場等の管理上必要があるときは,前項の許可に条件を付すことができる。

(利用の制限)

第13条 市長は,前条の規定により斎場等の利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)が,次の各号のいずれかに該当すると認められるときは,斎場等の利用許可を取り消し,又は利用を制限することができる。

(1) 公の秩序を乱し,又は善良の風俗を害するおそれがあると認めるとき。

(2) 斎場等の施設及び設備を滅失し,又は損傷するおそれがあるとき。

(3) その他斎場等の管理上支障があると認めるとき。

(利用料金)

第14条 斎場等の利用料金は,別表に定める金額に消費税等相当額(消費税法(昭和63年法律第108号)に基づき消費税が課される額に同法に基づく税率を乗じて得た額及び地方税法(昭和25年法律第226号)に基づき地方消費税が課される額に同法に基づく税率を乗じて得た額をいう。)を加えた額(ただし,火葬場利用料のうち火葬に係るものは除く。)とする。

2 前項の利用料金を算出した場合において,当該額に10円未満の端数が生じたときは,これを切り捨てるものとする。

3 利用者は,第1項の利用料金を利用許可書の交付を受けるときに納入しなければならない。

4 市長は,指定管理者に,利用料金を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

(利用料金の減免)

第15条 指定管理者は,前条の規定にかかわらず,市長が特に必要があると認めたときは,利用料金の額を減額し,又は免除することができる。

(利用料金の返還)

第16条 既納の利用料金は,返還しない。ただし,指定管理者は,利用者の責めに帰することができない事由により利用できなくなったとき,又は市長が返還することを相当と認めたときは,返還することができる。

(損害賠償等)

第17条 利用者は,斎場等の施設及び設備を故意又は重大な過失により滅失し,若しくはき損したときは,その損害を賠償しなければならない。ただし,市長が特にやむを得ない理由があると認めたときは,この限りでない。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は,平成22年4月1日から施行する。ただし,付則第4項の規定は,公布の日から施行する。

(神栖市はさき火葬場の設置及び管理に関する条例の廃止)

2 神栖市はさき火葬場の設置及び管理に関する条例(平成17年神栖町条例第80号)は,廃止する。

(神栖市はさき火葬場の設置及び管理に関する条例の廃止に関する経過措置)

3 この条例の施行前に前項の規定による廃止前の神栖市はさき火葬場の設置及び管理に関する条例の規定によりなされた許可その他の行為は,この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(指定管理者の指定及びこれに関し必要な手続その他の行為に関する経過措置)

4 改正後の第7条第1項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)の指定及びこれに関し必要な手続その他の行為は,この条例の施行前においても,改正後の第8条第9条第10条及び第11条第2項の規定の例により行うことができる。

5 指定管理者に斎場等の管理に関する業務を行わせる場合においては,当該業務を行わせる日前にこの条例による改正前の神栖市斎場の設置及び管理に関する条例の規定により市長がした承認その他の行為又は市長に対してなされた申請その他の行為(同日以後の利用に係るものに限る。)は,改正後の条例の規定により指定管理者がした承認その他の行為又は指定管理者に対してなされた申請その他の行為とみなす。

付 則(平成23年条例第14号)

この条例は,公布の日から施行する。

付 則(平成24年条例第25号)

この条例は,平成24年7月9日から施行する。

付 則(平成26年条例第1号)

この条例は,平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成28年条例第15号)

この条例は,平成28年5月16日から施行する。

別表(第14条関係)

火葬場利用料

(火葬)

区分

金額(単位:円)

市内の者

市外の者

16歳以上の者(1体)

3,000

30,000

16歳未満の者(1体)

2,000

20,000

死胎児(1体)

2,000

20,000

改葬遺体(1体)

2,000

20,000

身体の一部(30kg以内)

2,000

20,000

(焼却)

区分

金額(単位:円)

市内の者

市外の者

汚物類(30kg以内)

1,905

19,048

施設利用料

(かみす聖苑待合室)

区分

金額(単位:円)

市内の者

市外の者

和室(1室)

1,905

5,715

洋室(1室)

953

2,858

(はさき火葬場待合室)

区分

金額(単位:円)

市内の者

市外の者

和室(1室)

953

2,858

洋室(1室)

(霊安室)

区分

金額(単位:円)

市内の者

市外の者

1棺(12時間ごと)

1,905

5,715

(かみす聖苑式場)

区分

金額(単位:円)

市内の者

市外の者

告別式の時間帯

通夜の時間帯

仮眠を要する通夜

告別式の時間帯

通夜の時間帯

仮眠を要する通夜

午前9時から午後3時まで

午後4時から午後9時まで

午後9時から翌日の午前9時まで

午前9時から午後3時まで

午後4時から午後9時まで

午後9時から翌日の午前9時まで

第一式場

14,286

14,286

14,286

42,858

42,858

42,858

第二式場

9,524

9,524

9,524

28,572

28,572

28,572

備考

1 市内の者とは,死亡者又は申請者(葬儀等を執行する者)が,神栖市の住民基本台帳に記録されている者をいう。

2 市外の者とは,上記以外の者をいう。

3 式場の時間帯は,準備及び後片づけに要する時間を含む。

神栖市斎場等の設置及び管理に関する条例

平成21年6月23日 条例第31号

(平成28年5月16日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成21年6月23日 条例第31号
平成23年7月1日 条例第14号
平成24年6月28日 条例第25号
平成26年2月3日 条例第1号
平成28年3月29日 条例第15号