○神栖市ESCO事業提案審査委員会設置要項

平成22年3月23日

告示第35号

(趣旨)

第1条 この告示は,市が実施するESCO事業において,公募により事業者から提出された包括的な省エネルギー改修に関する提案(以下「ESCO事業提案」という。)を客観的かつ公正に審査するため,神栖市ESCO事業提案審査委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 委員会は,ESCO事業提案に対して次に掲げる事項を所掌する。

(1) ESCO事業提案の審査並びに最優秀提案の選定及び順位付け

(2) その他ESCO事業提案の審査を行うに当たり必要と認める事項

(組織)

第3条 委員会は,委員6人以内をもって組織し,次に掲げる者のうちから市長が任命し,又は委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 生活環境部長

(3) ESCO事業提案の審査対象となる施設を所管する部の長又は課等の職員

(任期)

第4条 委員の任期は,委嘱の日からESCO事業提案の審査結果を報告する日までとする。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長を置き,委員の互選により定める。

2 委員長は会務を総括し,委員会を代表する。

3 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故があるときは,その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会の会議(以下「会議」という。)は,必要に応じて委員長が招集する。

2 委員長は,会議の議長となる。

3 委員長は,必要があると認める委員以外の者を会議に出席させ,説明又は意見を聴くことができる。

(委員の責務)

第7条 委員は,公平かつ公正に審査を行わなければならない。

2 委員は,直接間接を問わず,ESCO事業提案に参加してはならない。

3 委員は,審査等の過程において知り得た情報を漏らしてはならない。その職を退いた後も,また,同様とする。ただし,市が公表した情報については,この限りでない。

(事務局)

第8条 委員会の事務局は,環境課に置く。

(委任)

第9条 この告示に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員長が別に定める。

付 則

この告示は,平成22年4月1日から施行する。

付 則(平成23年告示第29号)

この告示は,平成23年3月14日から施行する。

神栖市ESCO事業提案審査委員会設置要項

平成22年3月23日 告示第35号

(平成23年3月14日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 環境保全
沿革情報
平成22年3月23日 告示第35号
平成23年3月11日 告示第29号