○神栖市水道事業における加入金の特別措置に関する要項

平成22年2月10日

水道告示第1号

(目的)

第1条 この告示神栖市水道事業給水条例(平成10年神栖町条例第9号。以下「条例」という。)第29条の規定に基づく加入金の軽減措置としての特別措置を定めることにより,市の水道普及率の向上を図り,もって水道事業の健全な発展に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 加入金 条例別表第2で給水管の口径が13ミリメートル及び20ミリメートルの加入金の額をいう。

(2) 新規水道加入者 神栖市水道事業から新規に直接給水を受ける者をいう。

(3) 支援制度 神栖市水道事業の新規水道加入者に対して,加入金の軽減を行うことをいう。

(支援制度の対象となる者)

第3条 支援制度の対象となる者は,平成28年4月1日以降に条例第5条及び神栖市水道事業給水条例施行規程(平成10年水道事業管理規程第1号)第3条により給水装置工事の申請をした新規水道加入者とする。

(加入金の軽減)

第4条 この支援制度は,加入金の4分の1に相当する額を軽減する。

(軽減の申請)

第5条 この告示の適用を受けようとする者は,神栖市水道事業における加入金の特別措置に関する軽減申請書(様式第1号)を神栖市水道事業神栖市長(以下「市長」という。)に提出しなければならない。

(軽減の決定)

第6条 市長は,前条による申請があったときは,内容を審査し,加入金の軽減を決定したときは,速やかに申請者に神栖市水道事業における加入金の特別措置に関する軽減決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

付 則

この告示は,平成22年4月1日から施行する。

付 則(平成25年水道告示第1号)

この告示は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成28年水道告示第4号)

(施行期日)

1 この告示は,平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際,この告示による改正前の神栖市水道事業における加入金の特別措置に関する要項に基づく様式による用紙で,現に残存するものは,当分の間,所要の修正を加え,なお使用することができる。

画像

画像

神栖市水道事業における加入金の特別措置に関する要項

平成22年2月10日 水道告示第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第4章
沿革情報
平成22年2月10日 水道告示第1号
平成25年3月25日 水道告示第1号
平成28年3月28日 水道告示第4号