○神栖市立幼稚園通園バス利用要項

平成23年3月25日

教委告示第2号

(趣旨)

第1条 この告示は,神栖市立幼稚園に通園するためのバス(以下「通園バス」という。)の利用に関し,必要な事項を定めるものとする。

(対象園児)

第2条 通園バスを利用できる幼稚園児(以下「園児」という。)は,次に掲げる幼稚園に通園する園児とする。

(1) 神栖市立うずも幼稚園

(2) 神栖市立石神幼稚園

(3) 神栖市立大野原幼稚園

(利用の申請)

第3条 通園バスを利用しようとする園児の保護者(以下「保護者」という。)は,神栖市立幼稚園通園バス利用申請書(様式第1号)により園児の通園する幼稚園の園長(以下「園長」という。)を経由し,神栖市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)に申請しなければならない。

2 教育長は,前項の申請書を受理したときは,通園バスの利用の諾否を審査決定し,神栖市立幼稚園通園バス利用承諾(不承諾)通知書(様式第2号)により保護者に通知するものとする。

(利用の中止)

第4条 保護者は,通園バスの利用を中止しようとするときは,神栖市立幼稚園通園バス利用中止届(様式第3号)により園長を経由し,教育長に届け出なければならない。

2 教育長は,前項の届を受理したときは,神栖市立幼稚園通園バス利用中止受理通知書(様式第4号)により保護者に通知するものとする。

(利用料及び納期限)

第5条 通園バス利用料(以下「利用料」という。)は,月額2,050円とする。ただし,通園バスの運行のない月については,利用料を徴収しない。

2 前項の利用料を算出した場合において,当該額に10円未満の端数が生じたときは,これを切り捨てるものとする。

3 保護者の都合によりバスを利用しない日があっても,利用料の払い戻しはしない。

4 通園バスを月の中途から利用し,又は中止した場合においても,利用料を徴収するものとする。

5 利用料の納入義務者は,保護者とし,通園バスを利用する月の10日を納期限として納入しなければならない。この場合において,納期限が休日(神栖市の休日を定める条例(平成元年神栖町条例第30号)第1条第1項各号に掲げる日をいう。以下同じ。)に当たるときは,その日の直後の休日でない日とする。

(利用料の納入)

第6条 保護者は,納入通知書兼領収書(様式第5号)により納期限までに利用料を市の指定する金融機関等に納入しなければならない。

(督促)

第7条 教育長は,保護者が納期限までに利用料を納入しないときは,期限を指定して,納期限後30日以内に督促状(様式第6号)を発しなければならない。

2 前項の督促状に指定する期限は,督促状を発した日から起算して10日を経過した日とする。

(委任)

第8条 この告示に定めるもののほか必要な事項は,教育長が定める。

付 則

この告示は,平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成25年教委告示第3号)

この告示は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成26年教委告示第2号)

この告示は,平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成27年教委告示第11号)

この告示は,公布の日から施行し,平成27年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神栖市立幼稚園通園バス利用要項

平成23年3月25日 教育委員会告示第2号

(平成27年6月24日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育/第1節 幼稚園
沿革情報
平成23年3月25日 教育委員会告示第2号
平成25年2月27日 教育委員会告示第3号
平成26年1月28日 教育委員会告示第2号
平成27年6月24日 教育委員会告示第11号