○神栖市児童発達支援事業所の設置及び運営等に関する条例

平成24年3月26日

神栖市条例第11号

神栖市児童デイサービス事業所の設置及び運営等に関する条例(平成15年神栖町条例第12号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は,児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第6条の2の2第2項に規定する児童発達支援を提供する児童発達支援事業所の設置及び運営等に関し,必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 在宅で生活する法第4条第2項に規定する障害児(以下「障害児」という。)及びその保護者に対して必要な援助をし,児童福祉及び障害児福祉の増進に寄与するため,神栖市児童発達支援事業所(以下「事業所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 事業所の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

神栖市児童発達支援事業所つくしんぼ

神栖市大野原中央三丁目4番21号

神栖市児童発達支援事業所なのはな

神栖市矢田部6515番地

(職員)

第4条 事業所に,管理者のほか,必要な職員を置く。

(業務)

第5条 事業所は,次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 日常生活における基本的な動作の指導に関すること。

(2) 知的技能の付与に関すること。

(3) 集団生活への適応訓練その他の厚生労働省令で定める便宜の供与に関すること。

(4) その他必要な業務

(利用対象者)

第6条 事業所が提供する児童発達支援を利用できる者は,法第21条の5の5第1項の規定により障害児通所給付費等の通所給付決定を受けたものとする。

(利用料金)

第7条 前条の通所給付決定を受けた障害児の保護者の児童発達支援に係る利用料金は,法第21条の5の3第2項第1号の規定により算出された額とする。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は,平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に利用した改正前の神栖市児童デイサービス事業所の設置及び運営等に関する条例第8条の規定による利用料金については,なお従前の例による。

付 則(平成26年条例第27号)

この条例は,平成27年1月1日から施行する。

付 則(平成27年条例第11号)

この条例は,平成27年4月1日から施行する。

神栖市児童発達支援事業所の設置及び運営等に関する条例

平成24年3月26日 条例第11号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 心身障害者福祉
沿革情報
平成24年3月26日 条例第11号
平成26年12月16日 条例第27号
平成27年3月23日 条例第11号