○神栖市波崎地区防災拠点施設建設庁内検討委員会設置要項

平成24年7月12日

神栖市告示第103号

(設置)

第1条 波崎地区防災拠点施設建設について,必要な事項を調査し,検討するため,神栖市波崎地区防災拠点施設建設庁内検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 委員会は,次に掲げる事項について検討する。

(1) 防災拠点施設の基本構想案に関する事項

(2) 防災拠点施設の位置,建設規模,建設時期等に関する事項

(3) その他防災拠点施設建設に関する事項

(構成)

第3条 委員会は,委員長,副委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長には,防災安全課長をもって充てる。

3 委員には,別表に掲げる職にある者をもって充てる。

4 前項に掲げる者のほか,必要に応じて,学識経験を有する者を委員に充て,市長が委嘱する。

(委員長等)

第4条 委員長は,委員会を代表し,会務を総理する。

2 委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは,あらかじめ委員長が指定する委員がその職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会の会議は,委員長が招集し,委員長が議長となる。

2 委員長は,委員が委員会の会議を欠席するときは,当該委員の代理者の出席を求めることができる。

(意見等の聴取)

第6条 委員長は,委員会の会議の運営上必要があると認めるときは,委員以外の者に出席を求め,説明又は意見を聴くことができる。

(作業部会)

第7条 委員会に第2条に掲げる所掌事項に関し資料収集その他必要な協議を行うため,作業部会を設置する。

2 作業部会は,委員長が指名する課長等をもって組織する。

3 作業部会に作業部会長(以下「部会長」という。)を置き,委員長が指名する。

4 作業部会の会議は,部会長が招集し,会議の議長となる。

5 作業部会の運営に関し必要な事項は,部会長が作業部会に諮って決定する。

(報告)

第8条 委員長は,会議の結果を市長に報告しなければならない。

2 部会長は,作業部会の会議の結果を委員長に報告しなければならない。

(庶務)

第9条 委員会及び作業部会の庶務は,防災安全課において処理する。

(委任)

第10条 この告示に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,平成24年7月12日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は,第8条に規定する市長に報告した日をもって,その効力を失う。

付 則(平成25年告示第69号)

この告示は,平成25年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

政策企画課長

契約管財課長

財政課長

市民課長

国保年金課長

施設管理課長

市民生活課長

神栖市波崎地区防災拠点施設建設庁内検討委員会設置要項

平成24年7月12日 告示第103号

(平成25年4月1日施行)