○神栖市学校給食費徴収規則

平成27年3月25日

神栖市教委規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は,神栖市立学校設置条例(昭和53年神栖町条例第23号)に規定する小学校及び中学校(以下「学校」という。)並びに神栖市立学校給食共同調理場の設置,管理及び職員に関する条例(平成元年神栖町条例第8号)に規定する共同調理場において実施する学校給食(以下「給食」という。)に係る給食費の徴収に関し,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「保護者」とは,次に掲げる者をいう。

(1) 学校に在籍する児童及び生徒(以下「児童等」という。)に対して親権を行う者

(2) 児童等の未成年後見人その他の者で,児童等を現に監護するもの

(3) 前2号に掲げる者のほか神栖市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)が認めた者

2 この規則において「職員」とは,学校及び共同調理場において従事する者をいう。

3 この規則において「納入義務者」とは,第4条の申込書を提出した者のうち,給食の提供を受けるものをいう。

(実施基準)

第3条 給食は,8月を除き,当該年度を通じて200日を基準として実施するものとする。

(申込み)

第4条 保護者及び職員は,次に掲げる申込書を教育長に提出しなければならない。ただし,教育長が必要がないと認める者については,申込書の提出を省略することができる。

(1) 保護者 神栖市学校給食申込書(保護者用)(様式第1号)又はそれに代わる申込書

(2) 職員 神栖市学校給食申込書(職員用)(様式第2号)

2 保護者及び職員は,前項の申込書の内容を変更するときは,改めて教育長に申込書を提出するものとする。

(給食費)

第5条 給食費の月額及び日額は,別表に掲げるとおりとする。

2 別表の金額には,消費税法(昭和63年法律第108号)の規定による消費税及び地方税法(昭和25年法律第226号)の規定による地方消費税に相当する額を含むものとする。

3 別表各項に掲げる者が次の各号のいずれかに該当する場合の給食費は,日額に給食実施回数を乗じて得た額とする。ただし,当該金額が月額を上回るときは,月額とする。

(1) 市外へ異動した場合

(2) 病気又は事故その他の事由により,給食の提供を受けない日が月のうち5日以上継続した場合

(3) 教育実習生及び試食の場合

(4) 前3号に掲げるもののほか教育長が認めた場合

(納入通知)

第6条 教育長は,給食費の納入について納入通知書により納入義務者に通知するものとする。ただし,別表第5項に掲げる者その他教育長が認めた者に係る納入通知は,納入通知書兼領収書(様式第3号。以下「納付書」という。)により兼ねることができる。

(納期限)

第7条 給食費の納期限は,給食の提供を受けた月の翌月20日とする。

2 前項の納期限が休日(神栖市の休日を定める条例(平成元年神栖町条例第30号)第1条第1項各号に掲げる日をいう。以下同じ。)に当たるときは,その日の直後の休日でない日をもって納期限とする。

(納入)

第8条 納入義務者は,第5条の給食費を納入しなければならない。この場合において,その納入は,学校の校長及び共同調理場の場長(以下「校長等」という。)が取りまとめて行うものとする。

2 校長等は,取りまとめた給食費を納付書又はそれに代わる納付書類により,納期限までに神栖市会計管理者に納入するものとする。

(督促)

第9条 教育長は,納入義務者が納期限までに給食費を納入しないときは,期限を指定して督促するものとする。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,教育長が別に定める。

付 則

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

区分

月額

日額

(1) 小学生児童

2,260円

120円

(2) 中学生生徒

2,460円

130円

(3) 小学校教職員その他小学校において給食の提供を受ける者

4,320円

230円

(4) 中学校教職員その他中学校において給食の提供を受ける者

4,620円

250円

(5) 共同調理場職員(給食従事者を含む。以下同じ。)

画像

画像

画像

神栖市学校給食費徴収規則

平成27年3月25日 教育委員会規則第7号

(平成27年4月1日施行)