○神栖市モバイル端末等取扱要領

平成27年10月5日

神栖市訓令第20号

(目的)

第1条 この訓令は,市が保有し,又は使用権限を有するモバイル端末等(ソフトウェア及び周辺機器を含む。以下「モバイル端末」という。)の取扱いにあたり,遵守すべき事項等について定めるものとする。

(適用範囲)

第2条 この訓令は,モバイル端末を使用する課等の長(以下「所属長」という。)及び職員,嘱託員,臨時職員,派遣職員,委託業者その他のモバイル端末を使用する全ての者(以下「使用者」という。)に適用する。

(貸与及び使用等の申請)

第3条 所属長は,モバイル端末の貸与若しくは使用又は当該モバイル端末の設置場所,使用者,使用の目的等の使用内容変更の許可を受けようとするときは,パソコン等情報機器設置等要望書・接続作業依頼書(様式第1号)を情報システム主管課長に提出しなければならない。

(設定変更等の禁止)

第4条 所属長は,情報システム主管課長の許可を得ることなく,モバイル端末のシステム設定の変更,ネットワークの接続及び改造等をしてはならない。

(データの管理)

第5条 所属長は,モバイル端末で扱うデータをその秘匿性に応じてパスワード設定等をするとともに,設定したパスワード等が第三者に漏えいしないよう適切に管理しなければならない。

(データの移動)

第6条 所属長は,モバイル端末と別の端末等の間において,データの移動又はコピーをする場合は,情報システム主管課長から許可を得たUSBメモリー等の外部記憶媒体を使用しなければならない。ただし,モバイル端末が,情報システム主管課の許可を受けてネットワークに接続されている場合は,この限りではない。

(保管)

第7条 所属長は,モバイル端末を施錠可能な場所等の容易に第三者が持ち出せない場所に保管するとともに,モバイル端末内の秘密に属するデータ等は,可能な限り別の端末等に移動し,又は削除してから保管しなければならない。

(使用者の責務)

第8条 使用者は,次に掲げる事項を遵守しなければならい。

(1) モバイル端末は,丁寧に使用し,破損,紛失,盗難等の事態が生じないようにすること。

(3) 業務以外の目的でモバイル端末を使用してはならない。

(4) 使用者以外にモバイル端末を使用させてはならない。

(5) 使用者以外にモバイル端末を使用するためのID及びパスワードを漏らし,又は知り得る状態に置いてはならない。

(6) 所属長の許可を得ることなく,モバイル端末を庁外に持ち出してはならない。

(持ち出し)

第9条 使用者は,モバイル端末を庁外に持ち出すときは,モバイル端末等持出管理簿(様式第2号)に必要事項を記載し,これを所属長に提示するとともに,持ち出しの許可を得なければならない。

(報告)

第10条 所属長は,次に掲げる場合には,直ちに情報システム主管課長に報告し,その指示に従わなければならない。

(1) モバイル端末を破損,紛失したとき,又は盗難の被害にあったとき。

(2) パスワードが第三者に漏れた可能性があるとき。

(3) モバイル端末が正常に作動しなくなったとき。

(4) データの改ざん・抹消,不正使用,無権限者のアクセス,ウイルスの侵入等又はそれらのおそれのある事実を発見したとき。

(返却)

第11条 所属長は,次に掲げる場合には,直ちに情報システム主管課長にモバイル端末を返却しなければならない。

(1) モバイル端末の使用の目的を達成したとき。

(2) 情報システム主管課長より返却の要請があったとき。

(補則)

第12条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成27年10月5日から施行する。

画像

画像

神栖市モバイル端末等取扱要領

平成27年10月5日 訓令第20号

(平成27年10月5日施行)