○神栖市放課後こども教室事業実施要項

平成28年2月25日

神栖市教委告示第2号

(趣旨)

第1条 この告示は,放課後に児童が学習,スポーツ,文化・体験活動,地域住民との交流活動等に取り組み,心豊かで健やかに育まれることを目的とした神栖市放課後こども教室(以下「放課後教室」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(実施内容)

第2条 放課後教室は,次の各号に掲げる内容を実施する。

(1) 様々な学習,スポーツ,文化・体験活動,地域住民との交流活動等の提供

(2) 活動を通しての児童の社会性,自主性,創造性等の豊かな人間性の育成

(3) その他教育長が必要と認めるもの

(対象者)

第3条 放課後教室の対象者は,神栖市立小学校に在籍する第4学年から第6学年の児童であって,放課後教室への参加を希望する者とする。

(実施場所)

第4条 放課後教室の実施場所は,神栖市学校設置条例(昭和53年神栖町条例第23号)に規定する小学校とする。

(実施日及び実施時間)

第5条 放課後教室の実施日は,4月から3月までの月曜日から金曜日の放課後のうち,教育長が指定する日とする。ただし,神栖市学校管理規則(昭和36年神栖町教育委員会規則第10号)第3条第1項に規定する休業日は実施しない。

2 放課後教室の実施時間は,放課後から午後5時30分までとする。

(参加申込み)

第6条 放課後教室への参加を希望する児童の保護者は,神栖市放課後こども教室参加申込書(様式第1号)を教育長へ提出するものとする。

2 教育長は,前項に規定する申込書の提出があったときは,その内容を審査し,参加の可否を決定し,神栖市放課後こども教室参加承認(不承認)決定通知書(様式第2号)により児童の保護者へ通知するものとする。

(参加辞退の届出)

第7条 放課後教室参加の取りやめをしようとするときは,神栖市放課後こども教室参加辞退届出書(様式第3号)を教育長へ提出するものとする。

(参加の取消し)

第8条 教育長は,次の各号のいずれかに該当するときは,参加を取り消すことができる。

(1) 前条の届出があった場合

(2) 第2条各号に掲げる事業内容に支障が生じると判断した場合

(3) 参加の申込みに虚偽又は不正があった場合

(4) その他教育長が特に参加を取り消すことが必要と認めた場合

2 教育長は,前項の規定に該当すると認めたときは,神栖市放課後こども教室参加停止通知書(様式第4号)により児童の保護者の通知するものとする。

(職員)

第9条 放課後教室に放課後教室指導員及びコーディネーターを配置する。

2 コーディネーターは,次の各号の事項を所掌する。

(1) 活動プログラムの企画に関すること。

(2) 学校,関係機関・団体等との連絡調整に関すること。

(3) 児童の保護者に対する利用の呼びかけに関すること。

(4) ボランティア等の地域の協力者の確保,登録及び配置に関すること。

(5) 放課後児童クラブとの連携についての調整に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか,放課後教室の実施に関し,教育長が必要と認める事項に関すること。

(庶務)

第10条 放課後教室の庶務は,放課後教室主管課で処理する。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか,放課後教室に関し必要な事項は,教育長が別に定める。

付 則

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(平成29年教委告示第3号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(令和2年教委告示第12号)

(施行期日)

1 この告示は,令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現に提出されているこの告示による改正前のそれぞれの告示に定める様式による申請書等は,この告示による改正後のそれぞれの告示に定める相当様式による申請書等とみなす。

3 この告示の施行の際現に存するこの告示による改正前のそれぞれの告示に定める様式による申請書等の用紙は,当分の間,所要の補正をしたうえ,なお使用することができる。

付 則(令和3年教委告示第8号)

この告示は,令和3年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

神栖市放課後こども教室事業実施要項

平成28年2月25日 教育委員会告示第2号

(令和3年4月1日施行)