○神栖市小学校通学費補助金交付要項

平成30年3月23日

神栖市教委告示第6号

(趣旨)

第1条 この告示は,市立小学校に遠距離通学する児童の保護者の経済的負担を軽減するため,その通学費に対し神栖市立小学校通学費補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし,当該補助金の交付等については,神栖市補助金等交付規則(昭和41年神栖村規則第55号)に定めるもののほか,この告示に定めるところによる。

(定義)

第2条 この告示において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 児童 本市が設置する小学校に在籍する児童で,市内に住所を有するものをいう。

(2) 遠距離 通常の通学距離がおおよそ4キロメートル以上の距離をいう。

(3) 保護者 児童に対して,親権を行う者をいう。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は,次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 神栖市立小学校及び中学校通学区域に関する規則(昭和52年神栖町教育委員会規則第3号)の定めによる当該学校への通学距離(児童の居住地から学校所在地までの通学経路による片道の距離をいう。)が遠距離で路線バスを利用して通学する児童

(2) 前号に掲げる者以外の者で神栖市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)が特に必要と認める者

(補助金の交付を受ける者)

第4条 補助金は,前条に規定する児童の保護者に交付する。

(補助金の額等)

第5条 補助金の対象期間は4月から翌年の3月までとし,補助金の額は,公共バスの定期旅客運賃の6箇月定期券又は12箇月定期券の購入額の全額とする。ただし,教育長が特別の事情があると認めたときは,この限りでない。

(適用除外)

第6条 生活保護法(昭和25年法律第144号),その他の法令等により通学に要する費用が支給される期間は,この告示を適用しない。

(補助金の申請)

第7条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,神栖市小学校通学費補助金交付申請書(様式第1号)に必要書類を添付して教育長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定等)

第8条 教育長は,前条による申請書の提出があったときは,当該申請の内容を審査し,補助金の交付の可否を決定し,神栖市小学校通学費補助金交付決定書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の返還等)

第9条 教育長は,申請者が虚偽その他不正な手段により補助金の交付を受けたときは,補助金の交付の決定を取り消し,当該補助金の返還を命ずることができる。

2 教育長は,補助対象者が年度途中において第3条に規定する者でなくなり,過払いとなる補助金がある場合は,その額を返還させるものとする。

(補則)

第10条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,教育長が別に定める。

付 則

この告示は,平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

神栖市小学校通学費補助金交付要項

平成30年3月23日 教育委員会告示第6号

(平成30年4月1日施行)