○神栖市地域支援サポーターポイント制度事業実施要項

平成30年3月30日

神栖市告示第37号

(趣旨)

第1条 この告示は,神栖市一般介護予防事業実施要項(平成28年神栖市告示第138号)別表に規定する地域支援サポーターポイント制度事業(以下「事業」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において「地域支援サポーター活動」とは,次のいずれかに該当する活動とする。

(1) 次に掲げる市が実施する地域支援事業での活動

 シルバーリハビリ体操指導士としての活動

 えがおあっぷサポーターとしての活動

 やすらぎ支援員としての活動

 高齢者居場所づくり事業での協力員としての活動

 高齢者居場所づくり事業に対する送迎等ボランティアとしての活動

(2) その他市長が認めた活動

(実施主体)

第3条 事業の実施主体は,神栖市(以下「市」という。)とする。ただし,事業の一部を適正に実施できると認められる法人等に委託することができる。

(対象者)

第4条 事業の対象者は,次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第9条第1号に規定する第1号被保険者であること。

(2) 市の住民基本台帳に記載されていること。

(3) 法に基づく要介護認定又は要支援認定を受けていないこと。

(4) 神栖市介護予防・日常生活支援総合事業実施要項(平成28年神栖市告示第135号)第2条第10号に規定する介護予防・生活支援サービス事業対象者である場合は,登録申請日から遡って3か月以内にサービスの利用がないこと。

(研修の実施)

第5条 市は,地域支援サポーター活動を行おうとする者に対し,地域支援サポーター活動が円滑に行われるよう,研修を実施するものとする。

(サポーター登録)

第6条 地域支援サポーター活動を行おうとする者は,前条の研修の修了後に,地域支援サポーターポイント制度利用登録申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の申請書の提出があった場合には,これを審査し,適当と認めるときは,登録台帳に登録し,神栖市地域支援サポーター手帳(様式第2号。以下「サポーター手帳」という。)を交付する。

(ポイントの付与)

第7条 市は,サポーター手帳の交付を受けた者(以下「地域支援サポーター」という。)が地域支援サポーター活動を行ったときは,当該活動の実績に応じてポイントを付与し,付与された者の申出により,予算の範囲内においてポイントの換金を行う。

2 ポイントは,地域支援サポーター活動1時間につき1ポイントを付与するものとし,1日2ポイントを上限とする。

3 サポーター手帳は,1月から12月までの間において1人1冊使用するものとする。

4 市長は,サポーター手帳の汚損,破損,紛失等の理由により再交付の求めがあったときは,サポーター手帳を再交付するものとする。この場合において,汚損等のサポーター手帳にポイントが付与されていたときは,再交付時に確認できたポイントを付与することができる。

(ポイント付与期間及び有効期間)

第8条 ポイントの付与期間は,1月1日から12月31日までとする。

2 ポイントは,ポイントの付与を受けた日の属する年の翌年の3月末日まで,その効力を有するものとする。

(ポイントの換金)

第9条 地域支援サポーターは,ポイントを換金しようとするときは,地域支援サポーター活動ポイント換金申出書兼請求書(様式第3号)にサポーター手帳を添えて市長に提出しなければならない。

2 ポイントの換金は,1ポイントを100円として行うものとし,5,000円を上限とする。

3 前2項の規定にかかわらず,介護保険料に未納又は滞納がある場合は,ポイントの換金を行わないものとする。

4 ポイントの換金の申出は,ポイント付与期間の翌年の1月から3月までとし,1回に限る。

5 ポイントの換金は,申出者本人の口座への振込により行う。

(サポーター登録内容の変更)

第10条 地域支援サポーターは,第6条第1項の申請事項に変更が生じたとき又は登録の取消しを求めるときは,地域支援サポーター登録異動届出書(様式第4号)により市長に届け出るものとする。

(登録の抹消)

第11条 市長は,第6条第2項の規定により登録した地域支援サポーターが次の各号のいずれかに該当すると認めたときは,登録台帳から当該地域支援サポーターの登録を抹消するものとする。

(1) 市外に転出したとき。

(2) 法に基づく要介護認定及び要支援認定を受けたとき。

(3) 介護予防・生活支援サービス事業対象者である場合において,サービスを利用したとき。

(4) 死亡したとき。

(5) 地域支援サポーター活動への参加を不適当と市長が認めたとき。

2 第9条の規定にかかわらず,前項第1号第2号又は第3号の事由により地域支援サポーターの登録を抹消された者については,ポイント付与期間の翌年3月までにポイントの換金を申し出ることができるものとする。

(秘密の保持)

第12条 地域支援サポーターは,地域支援サポーター活動を行うことにより知り得た個人情報その他の秘密を第三者に漏らしてはならない。事業を終了した後も同様とする。

(補則)

第13条 この告示に定めるもののほか,事業の実施に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際既に地域支援サポーター活動を行っている者は,第5条に規定する研修を修了したものとみなす。

画像

画像

画像

画像

神栖市地域支援サポーターポイント制度事業実施要項

平成30年3月30日 告示第37号

(平成30年4月1日施行)