○神栖市鹿行南部地域夜間救急医療協力医療機関運営費補助金交付要項

平成30年7月2日

告示第100号

(趣旨)

第1条 この告示は,夜間における救急診療体制の確保と充実を図り,かつ,地域医療の連携体制の推進を図るため,鹿行南部地域医療圏(鹿嶋市,潮来市及び神栖市をいう。以下「医療圏」という。)における夜間の救急患者診療業務を行う医療機関に対して,神栖市鹿行南部地域夜間救急医療協力医療機関運営費補助金(以下「補助金」という。)を予算の範囲内で補助するものとし,当該助成金の交付については,神栖市補助金等交付規則(昭和41年神栖村規則第55号)に定めるもののほか,この告示の定めるところによる。

(定義)

第2条 この告示において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 救急告示医療機関 救急病院等を定める省令(昭和39年厚生省令第8号)の規定に基づき救急病院又は救急診療所として茨城県知事が認定し,告示した医療圏内の医療機関をいう。

(2) 救急医療協力医療機関 茨城県救急医療協力病院及び診療所に関する規則(昭和52年茨城県規則第11号)の規定に基づき救急医療協力病院又は救急医療協力診療所として茨城県知事が指定し,告示した医療圏内の医療機関をいう。

(3) 医療圏内医療機関 夜間救急診療を行う旨を診療案内等を通じて市民に周知している医療圏内の医療機関をいう。

(4) 医療圏内夜間救急協力医療機関 救急告示医療機関,救急医療協力医療機関及び医療圏内医療機関をいう。

(補助対象事業)

第3条 補助の対象となる事業(以下「補助事業」という。)は,医療圏内夜間救急協力医療機関が1年間(前年度の1月1日から当該年度の12月31日までをいう。以下同じ。)の夜間(午後8時から翌日の午前7時までをいう。この場合において,午後8時から午後10時までを「準夜」とし,午後10時から翌日の午前7時までを「深夜」と区分する。以下同じ。)における救急患者(以下「夜間救急患者」という。ただし,救急隊により搬送される患者に限らないものとする。)に対する診療業務とする。ただし,年度途中に新たに茨城県知事が認定し,又は認定の撤回を行った救急告示医療機関及び新たに茨城県が指定し,又は指定の撤回を行った救急医療協力医療機関については,茨城県知事が認定し,又は指定した日から当該年度の12月31日まで又は前年度の1月1日から認定又は指定を撤回した日までを補助の対象とする。

(補助金の交付金額の算出)

第4条 補助金の交付金額の算出は,次の表に定めるところによるものとする。

医療圏内夜間救急協力医療機関が夜間救急患者の診療1件当たり次に定める金額

準夜に診療したもの

990円

深夜に診療したもの

1,470円

2 交付の対象となる年度中に神栖市鹿行南部地域病院群輪番制病院運営費補助金交付要項(平成30年神栖市告示第99号)に規定する補助金の交付対象となっている医療機関については,前項の補助金の交付金額の算出に当たり,当番日の夜間における入院患者を除くものとする。この場合において,入院患者とは,当該医療機関において入院診療を行うこととなった夜間救急患者をいう。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を申請しようとする者(以下「申請者」という。)は,神栖市鹿行南部地域夜間救急医療協力医療機関運営費補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて,市長が別に定める期日までに市長に提出しなければならない。

(1) 神栖市鹿行南部地域夜間救急医療協力医療機関運営費補助金所要額調書(様式第2号)

(2) 夜間救急患者診療件数月別内訳書(様式第3号)

(3) 夜間救急患者個人別調書(様式第4号)

(補助金の交付決定及び交付金額の確定)

第6条 市長は,前条の申請書を受理した場合,申請書を審査の上,これを適正と認めるときは,補助金の交付の決定及び交付金額の確定をし,神栖市鹿行南部地域夜間救急医療協力医療機関運営費補助金交付決定及び交付金額の確定通知書(様式第5号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の交付請求)

第7条 申請者は,補助金の交付請求をするときは,神栖市鹿行南部地域夜間救急医療協力医療機関運営費補助金交付請求書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(証拠書類の保存)

第8条 申請者は,当該補助事業に係る帳簿その他関係書類を整備し,補助事業完了の日の属する年度の翌年度から起算して5年間保存しておかなければならない。

(実績内容等の公開)

第9条 市長は,補助事業の実績報告内容等について年度終了後2か月を経過した日から公開することができる。

(補則)

第10条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,公布の日から施行し,平成30年4月1日から適用する。

(この告示の失効)

2 この告示は,平成32年3月31日限り,その効力を失う。

(失効後の経過措置)

3 この告示の失効の日(以下「失効日」という。)以前に第5条の規定による申請を行った者については,この告示の規定は,失効日後も,なおその効力を有する。

画像

画像

画像

画像画像画像

画像

画像

神栖市鹿行南部地域夜間救急医療協力医療機関運営費補助金交付要項

平成30年7月2日 告示第100号

(平成30年7月2日施行)