○神栖市児童手当及び児童扶養手当徴収金に係る徴収職員証に関する規則

平成30年12月28日

神栖市規則第58号

(趣旨)

第1条 この規則は,児童手当法(昭和46年法律第73号)第14条及び児童扶養手当法(昭和36年法律第238号)第23条に規定する徴収金(以下「徴収金」という。)に係る徴収職員証の交付等に関し必要な事項を定めるものとする。

(徴収職員等)

第2条 市長は,前条の徴収金の滞納処分に関する事務に従事させるため,神栖市児童手当徴収金徴収職員及び神栖市児童扶養手当徴収金徴収職員(以下「徴収職員」という。)を置く。

2 市長は,職員の中から徴収職員を任命し,神栖市児童手当徴収金徴収職員証(様式第1号)又は神栖市児童扶養手当徴収金徴収職員証(様式第2号)を交付する。

3 徴収職員は,第1項に規定する事務を行う場合,証票(神栖市児童手当徴収金徴収職員証又は神栖市児童扶養手当徴収金徴収職員証をいう。以下同じ。)を携帯し,関係人の請求があったときは,これを提示しなければならない。

(遵守事項)

第3条 証票の交付を受けた者は,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 証票は,他人に貸与し,又は譲渡してはならない。

(2) 証票を紛失し,又はき損したときは,直ちに市長に届け出て再交付を受けなければならない。

(3) 証票の交付を受けた職員は,当該職員でなくなったときは,直ちに市長に証票を返還しなければならない。

(交付簿の管理)

第4条 市長は,証票を交付し,又は返還されたときは,神栖市児童手当徴収金徴収職員証交付簿(様式第3号)又は神栖市児童扶養手当徴収金徴収職員証交付簿(様式第4号)に必要な事項を記載し,管理するものとする。

(補則)

第5条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この規則は,公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

神栖市児童手当及び児童扶養手当徴収金に係る徴収職員証に関する規則

平成30年12月28日 規則第58号

(平成30年12月28日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成30年12月28日 規則第58号