○神栖市高齢者温水プール利用料金助成事業実施要項

平成31年3月29日

神栖市告示第35号

(趣旨)

第1条 この告示は,高齢者の温水プールの利用料金を減額した管理者に対して当該減額相当額を交付することにより,温水プールの利用を促進して高齢者の社会参加及び健康増進を促し,もって高齢者の生きがいづくりを図るため,神栖市高齢者温水プール利用料金助成事業(以下「事業」という。)の実施に関し,必要な事項を定めるものとする。

(対象者の要件)

第2条 この事業により温水プールを利用できる者(以下「対象者」という。)は,市内に居住し,住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき,市の住民基本台帳に記録されている者で,65歳以上のものとする。

(対象施設)

第3条 対象者が利用することができる施設は,神栖海浜温水プール(神栖市都市公園条例(平成10年神栖町条例第8号)に規定する神栖海浜温水プールをいう。以下「温水プール」という。)とする。

(利用料金)

第4条 対象者は,温水プールを利用料金の半額で利用することができる。

(利用)

第5条 対象者は,温水プールを利用しようとするときは,温水プールの管理者(以下「管理者」という。)に対象者の要件を確認できる身分証明書を提示して確認を受け,神栖市運動施設個人利用券の交付を受けなければならない。

2 管理者は,対象者の利用状況を記録しなければならない。

(請求)

第6条 管理者は,対象者の利用料金の減額した額を1月ごとに取りまとめて,請求書(別記様式)により市長に請求するものとする。

2 市長は,前項の規定により請求があったときは,これを審査して,請求を受けた日から30日以内に当該請求金額を管理者に支払うものとする。

(補則)

第7条 この告示に規定するもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,平成31年5月1日から施行する。

画像

神栖市高齢者温水プール利用料金助成事業実施要項

平成31年3月29日 告示第35号

(令和元年5月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成31年3月29日 告示第35号