○神栖市福祉委員条例

令和2年3月25日

神栖市条例第7号

(設置)

第1条 社会福祉の増進を図るため,市に福祉委員を置く。

(委嘱)

第2条 福祉委員は,民生委員法(昭和23年法律第198号)に規定する民生委員である者を市長が委嘱する。

(職務)

第3条 福祉委員は,次に掲げる職務を行うものとする。

(1) 共同募金及び日赤社資募集に対する協力

(2) ボランティア活動の実践

(3) 地域ボランティアの発見及び育成

(4) 生活福祉資金貸付制度の普及啓発

(5) その他福祉の増進に関すること。

(服務)

第4条 福祉委員は,相互に密接に連絡し,協力しなければならない。

2 福祉委員は,常にその職務を遂行する上に必要な知識の習得に努めなければならない。

(任期)

第5条 福祉委員の任期は,3年とする。ただし,補欠として委嘱された福祉委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(解任)

第6条 福祉委員が民生委員としての身分を失った場合には,福祉委員の身分を失うものとする。

(補則)

第7条 この条例に定めるもののほか,必要な事項は,規則で定める。

付 則

この条例は,令和2年4月1日から施行する。

神栖市福祉委員条例

令和2年3月25日 条例第7号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
令和2年3月25日 条例第7号