○神栖市環境市民会議規則

令和2年3月31日

神栖市規則第40号

(趣旨)

第1条 この規則は,神栖市附属機関に関する条例(昭和47年神栖町条例第42号)第3条の規定に基づき,神栖市環境市民会議(以下「環境市民会議」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事項)

第2条 環境市民会議は,次に掲げる事項を行うものとする。

(1) 環境基本計画の策定又は見直しに関する事項の検討に関すること。

(2) その他環境市民会議の設置目的を達成するために必要な事項

(組織)

第3条 環境市民会議の委員は,市内在住者及び在勤者の中から市長が委嘱する。

(任期)

第4条 委員の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

2 補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第5条 環境市民会議に会長及び副会長1人を置く。

2 会長及び副会長は,委員の互選により選任する。

3 会長は,環境市民会議を総理し,環境市民会議を代表する。

4 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第6条 環境市民会議は,会長が招集する。ただし,最初に開催される会議は,市長が招集する。

2 会長は,会議の議長となる。

(情報又は資料の請求)

第7条 市は,委員から計画の策定又は見直しに関し必要な情報又は資料の請求があった場合には,速やかにこれに応じるよう努めなければならない。

(事務局)

第8条 環境市民会議の事務を処理するため,事務局を環境主管課に置く。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか,環境市民会議の運営に関し必要な事項は,会長が別に定める。

付 則

この規則は,令和2年4月1日から施行する。

神栖市環境市民会議規則

令和2年3月31日 規則第40号

(令和2年4月1日施行)