○葛城市庁議規程

平成16年10月1日

訓令甲第3号

(設置)

第1条 市政の基本方針を策定するとともに、各機関相互間の総合調整を行うことにより、効率的かつ円滑な行政運営を図るため次の会議を置く。

(1) 庁議

(2) 部長会議

(3) 部課長会議

(定義等)

第2条 庁議は、市政の基本方針及び政策立案の最高機関とし、次の事項を協議するものとする。

(1) 市の基本構想に関すること。

(2) 市政の基本方針に関すること。

(3) 予算の編成方針に関すること。

(4) 市議会に提出する議案に関すること。

(5) 行政組織に関すること。

(6) 重要な事務事業に関すること。

(7) 市の重要な行事に関すること。

(8) その他市長が必要と認めるものに関すること。

2 部長会議は、市長の定める事項について協議するとともに各部間の連絡及び調整並びに各部長間の情報交換を行うものとする。

3 部課長会議は、各部課間の連絡及び調整並びに各部課長間の情報交換を行うものとする。

(主宰)

第3条 各会議の主宰は、次のとおりとする。

(1) 庁議は、市長が主宰する。

(2) 部長会議及び部課長会議は、副市長が主宰する。

(構成)

第4条 各会議の構成員は、次のとおりとする。

(1) 庁議 市長、副市長、教育長及び市長が指名する者

(2) 部長会議 市長、副市長、教育長、部長、議会事務局長、会計管理者及び市長が指名する者

(3) 部課長会議 前号に定める者並びに課長(これに相当する者を含む。)及び市長が指名する者

(開催)

第5条 各会議の開催日程は、次のとおりとする。

(1) 庁議 随時

(2) 部長会議 随時

(3) 部課長会議 随時

(関係職員の出席等)

第6条 会議の運営上必要があるときは、関係職員の出席を求め、意見を聴取し、又は資料の提出を求めることができる。

(付議手続)

第7条 会議に付議すべき事案は、発議者からその要旨及び資料を添えて庶務担当課に通知しなければならない。

2 庶務担当課は、前項に基づく事案を整理し、会議の主宰者に提出しなければならない。

(連絡等)

第8条 会議において協議された事項のうち必要と認めるものについては、各部局長等はそれぞれ所管の課長に指示し、又は通知する等の処置をとるものとする。

(庶務)

第9条 会議の庶務は、企画部企画政策課が行う。

附 則

この訓令は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令甲第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

(収入役に関する経過措置)

2 この訓令の施行の際現に地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)附則第3条の規定により在職する収入役の任期中に限り、次の各号に掲げる改正規定については適用せず、なお従前の例による。

(1) 

(2) 第2条葛城市庁議規程の改正規定中「、収入役」を削る部分

(3) 第2条葛城市庁議規程の改正規定中「、会計管理者」を加える部分

附 則(平成21年訓令甲第21号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成26年訓令甲第7号)

この訓令は、奈良県広域消防組合の設立に係る奈良県知事の許可のあった日から施行する。

葛城市庁議規程

平成16年10月1日 訓令甲第3号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成16年10月1日 訓令甲第3号
平成19年3月1日 訓令甲第2号
平成21年10月7日 訓令甲第21号
平成26年3月31日 訓令甲第7号