○葛城市学校給食センター条例施行規則

平成16年10月1日

教育委員会規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、葛城市学校給食センター条例(平成16年葛城市条例第68号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(所管)

第2条 葛城市学校給食センター(以下「給食センター」という。)の所管は、市立小学校及び附属幼稚園並びに市立中学校とする。

(給食物資の調達)

第3条 給食物資の調達は、学校給食の成果を位置付けるものであることに鑑み、学校給食に関する諸法令に従い、かつ、適正な方法によらなければならない。

(職及び職務)

第4条 給食センターにそれぞれ次の表の左欄に掲げる職を置き、その職務は、それぞれ右欄に掲げるとおりとする。

職務

所長

上司の命を受け、所属職員を指揮監督し、所属事務の執行に当たる。

事務職員

上司の命を受け、所管の事務に当たる。

栄養士

上司の命を受け、学校給食の献立の作成その他栄養に関する指導及び事務に当たる。

調理員

上司の命を受け、学校給食の調理等に当たる。

技能員

上司の命を受け、給食の運搬、施設の維持に当たる。

(運営委員会)

第5条 葛城市学校給食運営委員会(以下「運営委員会」という。)は、次に掲げる事項について協議及び調査研究を行う。

(1) 学校給食指導に関すること。

(2) 当該学校と給食センターとの相互連絡に関すること。

(3) 給食用献立の調査研究に関すること。

(4) 児童及び生徒のし好調査に関すること。

(5) 給食費の徴収に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、学校給食に関すること。

2 運営委員会は、次に掲げる者をもって組織する。

(1) 議会の議員

(2) 教育委員会の委員

(3) 関係学校長

(4) 関係学校PTAの代表者

(5) 学校医

(6) 学識経験者

3 議会の議員その他役職から委嘱され、又は任命された委員は、その役職を離れたとき委員の職を失う。

4 運営委員会に会長を置き、委員の互選によってこれを定める。

5 会長に事故があるとき、又は欠けたときは、あらかじめ定められた委員がその職務代理をする。

6 運営委員会は、会長が招集し、会務を総理する。

7 運営委員会の事務局は、給食センターに置く。

(その他)

第6条 この規則に定めるほか、給食センターに関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成27年教委規則第4号)

この規則は、平成27年8月1日から施行する。

葛城市学校給食センター条例施行規則

平成16年10月1日 教育委員会規則第14号

(平成27年8月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成16年10月1日 教育委員会規則第14号
平成27年8月1日 教育委員会規則第4号