○葛城市学校給食センター処務規程

平成16年10月1日

教育委員会訓令甲第10号

(趣旨)

第1条 この訓令は、葛城市学校給食センター(以下「給食センター」という。)の処務に関し必要な事項を定めるものとする。

(事務分掌)

第2条 給食センターの職員の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 所長

 給食センターの運営全般の企画に関すること。

 職員の指揮監督に関すること。

 渉外に関すること。

 からまでに掲げるもののほか、給食センターの運営の統括に関すること。

(2) 事務職員

 学校と各職員との連絡に関すること。

 文書の収発処理に関すること。

 補助金及び補助物資に関すること。

 会計経理に関すること。

 物資の購入及び受払いに関すること。

 備品の管理に関すること。

 からまでに掲げるもののほか、給食センターの事務に関すること。

(3) 栄養士

 学校給食計画に関すること。

 学校給食の献立及び調理に関すること。

 物資の需給計画に関すること。

 学校給食対象人員の調査及び物資の受払い計画に関すること。

 献立表の作成に関すること。

 調理場、機械器具及び物資の衛生管理に関すること。

 調理員の研修及び指導に関すること。

 調理員の保健管理に関すること。

 栄養調査に関すること。

 学校給食の効果判定に関すること。

 納入品検査に関すること。

(4) 調理員

 学校給食の調理に関すること。

 配膳、集膳、洗浄及び消毒に関すること。

 調理場、機械器具及び物資の保全に関すること。

(5) 技能員

 学校給食の運搬及び食器具の回収に関すること。

 学校給食物資の運搬に関すること。

 ボイラーの操作及び維持管理に関すること。

第3条 教育長は、前条の規定にかかわらず、臨時に事務分掌を命ずることができる。

(決裁)

第4条 給食センターにおける決裁は、すべて教育長の決裁を経なければならない。ただし、定例に属し、かつ、軽易なものについては、この限りでない。

(代決)

第5条 教育長が不在のとき、又は緊急やむを得ないときは、部長が代決することができる。この場合においては、代決後速やかに教育長の後閲を受けなければならない。

(教育長の指揮)

第6条 この訓令により処理し難い事件が発生したときは、教育長の指揮を受けるものとする。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りでない。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、給食センターに関する事務の処理及び職員の服務等については、市長部局の例による。

附 則

この訓令は、平成16年10月1日から施行する。

葛城市学校給食センター処務規程

平成16年10月1日 教育委員会訓令甲第10号

(平成16年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成16年10月1日 教育委員会訓令甲第10号