○葛城市公民館条例

平成16年10月1日

条例第70号

(設置)

第1条 本市は、社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第21条の規定に基づき、本市の住民のために実際生活に即する教育、学術及び文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与するため、公民館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 公民館の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(管理)

第3条 公民館は、葛城市教育委員会(以下「教育委員会」という。)がこれを管理する。

(指定管理者による管理)

第4条 市長は、公民館の管理を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第5条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 利用許可に関する業務

(2) 施設及び附属設備の維持管理及び修繕に関する業務

(3) 利用料金の徴収に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、公民館の運営に関する業務のうち、市長が必要と認める業務

(指定管理者の指定の期間)

第6条 指定管理者が公民館の管理を行う期間は、指定の日から起算して10年とする。ただし、指定期間の満了後の再指定を妨げない。

(職員)

第7条 公民館に次の職員を置く。

(1) 館長又は所長

(2) 館長補佐又は所長補佐

(3) 主事

(4) その他必要な職員

(利用期間の制限)

第8条 公民館の利用期間は、引き続き3日を超えることができない。

2 施設を利用するための準備及び原状回復等に要する期間は、利用期間とみなす。

(利用の許可)

第9条 公民館の施設、設備等を利用しようとする者は、教育委員会規則の定めるところにより教育委員会の許可を受けなければならない。

2 前項の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が当該許可に係る事項を変更しようとするときは、同項と同様とする。

(利用の制限)

第10条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 施設又は設備を損傷し、又は滅失させるおそれがあるとき。

(3) 利用者が法第23条に触れるおそれがあるとき。

(4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団の活動を助長し、又はその運営に資することとなるとき。

(5) 公民館の管理上特に必要があるとき。

(利用許可の取消し等)

第11条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可を取り消し、又は利用を停止することができる。

(1) 利用者がこの条例又はこの条例に基づく利用条件に違反したとき。

(2) 利用者が偽りその他不正の手段によって許可を受けたとき。

(3) 前条各号のいずれかに該当することとなったとき。

(4) 公益の確保のため特に必要があるとき。

2 利用者は、前項第1号第2号又は第3号に該当し、同項の処分を受けた場合には、これによって生じた損失につきその補償を求めることができない。

(使用料)

第12条 公民館を利用しようとする者は、別表第2から別表第4までに掲げる額の使用料を納付しなければならない。

2 使用料は、利用許可を受けたときに納付しなければならない。

(使用料の減免)

第13条 教育委員会は、市長が公益上特別な理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第14条 既納の使用料は、還付しない。ただし、特別な事情がある場合は、教育委員会規則で定めるところにより、その全部又は一部を還付することができる。

(原状回復)

第15条 利用者は、その利用が終わったとき、又は第11条第1項第1号第2号若しくは第3号の規定により同項の処分を受けたときは、速やかに当該施設、設備等を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第16条 利用者は、その利用に関して生じた施設、設備等の損傷又は滅失について、その損害を賠償しなければならない。

2 教育委員会は、前項の場合において当該損害が避けることのできない事故その他やむを得ない事情によるものであると認めるときは、その賠償責任の全部又は一部を免除することができる。

(公民館運営審議会)

第17条 法第29条第1項の規定に基づき、中央公民館に葛城市公民館運営審議会(以下「審議会」という。)を置く。

(委員の定数及び任期)

第18条 審議会の委員(以下「委員」という。)は、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験を有する者

2 審議会は、委員15人以内をもって組織する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

4 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(読替)

第19条 第4条の規定により公民館の管理を指定管理者に行わせる場合は、第9条中「教育委員会の許可」とあるのは「指定管理者の許可」と、第10条第11条及び第13条中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と、第12条から第14条まで及び別表第2から別表第4までの規定中「使用料」とあるのは「利用料金」と読み替える。

(委任)

第20条 この条例に定めるもののほか、公民館の管理運営に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の新庄町公民館条例(昭和38年新庄町条例第25号)、新庄町中央公民館使用条例(昭和50年新庄町条例第10号)、新庄町コミュニティセンター使用条例(昭和58年新庄町条例第19号)又は當麻町公民館条例(昭和41年當麻町条例第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年条例第12号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第48号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、改正前の葛城市公民館条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の葛城市公民館条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成23年条例第16号)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(葛城市公民館条例の一部改正に伴う経過措置)

2 第1条の規定による改正後の葛城市公民館条例第10条及び第11条の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後にされる許可の申請について適用し、同日前にされた許可の申請については、なお従前の例による。

附 則(平成24年条例第5号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第1号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(葛城市公民館条例の一部改正に伴う経過措置)

第4条 第3条の規定による改正後の葛城市公民館条例別表第2から別表第4までの規定は、施行日以後の利用に係る使用料について適用し、同日前の利用に係る使用料については、なお従前の例による。

2 この条例の施行の際現に第3条の規定による改正前の葛城市公民館条例第9条の規定により利用の許可を受けている者の当該利用に係る使用料の額については、前項の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成28年条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年条例第10号)

(施行期日)

第1条 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(葛城市公民館条例の一部改正に伴う経過措置)

第4条 第3条の規定による改正後の葛城市公民館条例別表第2及び別表第4の規定は、施行日以後の利用に係る使用料について適用し、同日前の利用に係る使用料については、なお従前の例による。

2 この条例の施行の際現に第3条の規定による改正前の葛城市公民館条例第9条の規定により利用の許可を受けている者の当該利用に係る使用料については、前項の規定にかかわらず、なお従前の例による。

別表第1(第2条関係)

1 中央公民館

名称

位置

葛城市中央公民館

葛城市南藤井17番地

葛城市當麻公民館

葛城市長尾89番地1

2 地区館

名称

位置

葛城市コミュニティセンター

葛城市新町337番地

3 地区公民館

名称

位置

葛城市當麻地区公民館

葛城市當麻1239番地

葛城市磐城地区公民館

葛城市長尾472番地1

4 分館

名称

位置

中戸分館

葛城市中戸180番地4

弁之庄分館

葛城市弁之庄313番地2

疋田分館

葛城市疋田400番地1

柿本分館

葛城市柿本145番地内

三才分館

葛城市北花内771番地1

北花内近鉄駅前分館

葛城市北花内570番地1

京阪忍海分館

葛城市忍海437番地65

新村分館

葛城市新村345番地3

新町分館

葛城市新町163番地1

林堂東分館

葛城市林堂74番地2

林堂南分館

葛城市林堂229番地10

平岡分館

葛城市平岡65番地1

脇田分館

葛城市脇田171番地1

南新町分館

葛城市忍海228番地1

南新町わかくさ台分館

葛城市忍海99番地7

南今市分館

葛城市南今市5番地1

兵家分館

葛城市兵家737番地

尺土分館

葛城市尺土213番地12

八川分館

葛城市八川280番地6

當麻分館

葛城市當麻大橋方189番地

勝根分館

葛城市勝根218番地

今在家分館

葛城市今在家176番地

染野分館

葛城市染野321番地1

新在家分館

葛城市新在家159番地

加守分館

葛城市加守585番地

5 地域コミュニティセンター

名称

位置

新庄コミュニティセンター

葛城市南道穂147番地5

新庄屋敷町コミュニティセンター

葛城市新庄500番地3

葛木コミュニティセンター

葛城市葛木93番地3

南藤井コミュニティセンター

葛城市南藤井111番地

大屋コミュニティセンター

葛城市大屋238番地

大屋北コミュニティセンター

葛城市南道穂234番地11

疋田東和苑コミュニティセンター

葛城市疋田104番地3

疋田フルールコミュニティセンター

葛城市疋田243番地4

北道穂コミュニティセンター

葛城市北道穂100番地

南道穂コミュニティセンター

葛城市南道穂86番地4

西室コミュニティセンター

葛城市西室95番地3

東室コミュニティセンター

葛城市東室262番地2

柿本人麻呂コミュニティセンター

葛城市柿本161番地

笛堂コミュニティセンター

葛城市笛堂240番地1

北花内コミュニティセンター

葛城市北花内51番地

北花内JR地区コミュニティセンター

葛城市北花内502番地8

薑コミュニティセンター

葛城市薑225番地

南花内コミュニティセンター

葛城市南花内129番地2

西辻コミュニティセンター

葛城市西辻195番地1

山口コミュニティセンター

葛城市山口180番地

梅室コミュニティセンター

葛城市梅室234番地2

別表第2(第12条関係)

中央公民館使用料

(単位:円)


利用時間

室名

午前

午後

夜間

1時間当たり冷暖房使用料

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

一階

小ホール

5,500

6,600

6,600

200

和室

畝傍

1,100

1,310

1,310

100

二階

音楽室

1,100

1,310

1,310

100

会議室

1,630

1,970

1,970

150

幼児室

870

1,100

1,100

100

研修室

1

1,100

1,310

1,310

100

2

1,100

1,310

1,310

100

3

1,100

1,310

1,310

100

調理実習室・準備室

2,730

3,300

3,300

150

三階

茶室

2,200

2,630

2,630

100

和室

二上

870

1,100

1,100

100

葛城

1,630

1,970

1,970

150

研修室

4

1,630

1,970

1,970

150

5

1,100

1,310

1,310

100

視聴覚室

2,200

2,730

2,730

150

四階

彫塑室

2,200

2,730

2,730

150

小ホール

ピアノ

1台

1時間につき 530

舞台照明及び放送器具

1式

1時間につき 310

彫塑室陶芸がま

1時間につき 210

備考 冷房期間は7月から9月まで、暖房期間は12月から翌年3月までとする。ただし、気象状況によっては、期間を変更することがある。

別表第3(第12条関係)

當麻公民館使用料

(単位:円)

利用時間

室名

午前

午後

全日

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

研修室

510

510

1,020

別表第4(第12条関係)

葛城市コミュニティセンター使用料

(単位:円)


利用時間

室名

午前

午後

夜間

1時間当たり冷暖房使用料

午前9時から午後1時まで

午後1時から午後5時まで

午後5時から午後10時まで


会議室

1,100

1,100

1,100

100

一階

研修室

1

1,100

1,100

1,100

100

2

1,100

1,100

1,100

100

料理実習室

2,200

2,200

2,200

100

二階

和室

畝傍

2,200

2,200

2,200

150

金剛

1,630

1,630

1,630

150

葛城

650

650

650

100

岩橋

650

650

650

100

二上

650

650

650

100

茶室

650

650

650

100

備考 冷房期間は7月から9月まで、暖房期間は12月から翌年3月までとする。ただし、気象状況によっては、期間を変更することがある。

葛城市公民館条例

平成16年10月1日 条例第70号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年10月1日 条例第70号
平成17年3月31日 条例第12号
平成17年12月20日 条例第48号
平成23年12月26日 条例第16号
平成24年3月30日 条例第5号
平成26年3月25日 条例第1号
平成28年3月25日 条例第11号
令和元年9月27日 条例第10号