○葛城市立図書館管理運営規則

平成16年10月1日

教育委員会規則第20号

目次

第1章 総則(第1条―第6条)

第2章 個人貸出し(第7条―第11条)

第3章 団体貸出し(第12条―第17条)

第4章 図書館資料(第18条―第23条)

第5章 ふれあいルームの利用(第24条―第29条)

第6章 雑則(第30条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、葛城市立図書館条例(平成16年葛城市条例第71号。以下「条例」という。)第6条の規定に基づき、図書館の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 図書館は、図書館法(昭和25年法律第118号)第3条の趣旨に基づき、次の事業を行う。

(1) 図書館資料(第18条に規定するものをいう。以下「資料」という。)の収集、整理及び保存

(2) 読書相談、読書案内等を含む資料の貸出し

(3) 調査研究に対する資料の紹介及び提供

(4) 読書会、研究会その他の各種行事の主催及び援助

(5) 読書団体との連絡及び協力

(6) 他の図書館、学校、公民館等との連絡及び協力

(7) 前各号に掲げるもののほか、図書館活動を推進するために必要な事業

(休館日)

第3条 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、葛城市教育委員会が特に必要があると認めたときは、休館日を臨時に変更することができる。

(1) 火曜日並びに毎月の第2水曜日及び第4水曜日

(2) 12月28日から翌年1月4日まで

(3) 毎月末日(資料整理日)ただし、その日が前2号に規定する日及び土曜日・日曜日に当たるときは、その翌日

(4) 館長が特別に定める資料整理期間(年間14日以内)

(利用時間)

第4条 図書館の利用時間は、午前9時から午後5時までとする。

2 館長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず利用時間を臨時に変更することができる。

(利用者の遵守事項)

第5条 図書館を利用する者(以下「利用者」という。)は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 館内においては、静粛にし、他人に迷惑をかけないこと。

(2) 館内で喫煙、飲食等をしないこと。

(3) 資料及び設備は、大切に取り扱い、汚損したりみだりに移動したりしないこと。

(4) 館内で、ビラ、ポスターその他の広告物を掲示又は配布しないこと。

(5) 館内で、物品の販売、宣伝その他これらに類する行為をしないこと。

(6) 所定の場所以外に立ち入らないこと。

(7) 前各号に掲げるもののほか、館長が指示すること。

(利用の制限)

第6条 館長は、この規則の規定及び館長の指示に従わない者に対しては、図書館の資料及び設備の利用を一時停止し、又は禁止することができる。

第2章 個人貸出し

(貸出しを受けることができる者)

第7条 個人貸出しを受けることができる者は、次のとおりとする。

(1) 市内に居住する者

(2) 市内に勤務又は通学する者

(3) 前2号に掲げる者のほか、館長が適当と認める者

(個人貸出しの登録)

第8条 個人貸出しを受けようとする者は、所定の図書利用券申込書(個人番号カード利用登録申請書)(様式第1号)を提出し、登録を受けなければならない。

2 個人番号カードを利用して図書館資料の貸出しを受けようとする者は、図書利用券申込書(個人番号カード利用登録申請書)(様式第1号)に、葛城市個人番号カードの利用に関する条例(平成28年葛城市条例第3号)の規定により図書館資料の貸出しに関するサービスの提供に必要な情報が記録された個人番号カード及び図書利用券(既に図書利用券の交付を受けている場合に限る。)を添えて館長に提出し、図書館資料の貸出しに関する登録を受けなければならない。

3 前2項に規定する申込書の提出に当たっては、住所及び氏名を証明するに足りると館長が認める書類を提示し、確認を受けなければならない。

4 登録の内容に変更が生じたときは、直ちに届け出なければならない。

(図書利用券等)

第9条 館長は、前条の登録を受けた者に葛城市個人番号カードの利用に関する条例の規定により図書館資料の貸出しに関するサービスの提供に必要な情報が記録された個人番号カード又は図書利用券(次項において「図書利用券等」という。)を交付する。

2 図書利用券等の有効期間は、最終利用日から3年間又は当該登録者が第7条に規定する資格を喪失するまでとする。

3 図書利用券を紛失したときは、速やかに図書利用券紛失届(様式第2号)を提出するとともに、再交付の手続をしなければならない。

4 前項の手続を行わず、図書利用券が登録者以外の者によって使用され、損害が生じた場合は、登録者本人がその責任を負うものとする。

(貸出冊数と期間)

第10条 資料の貸出冊数は、登録者1人につき5冊以内とする。

2 貸出期間は、貸出日の翌日から起算して2週間とする。

3 館長が特に必要と認めた場合は、前2項の貸出冊数及び貸出期間を変更することができる。

(郵便貸出し)

第10条の2 郵便による貸出しを受けることができる者は、次に掲げる者とする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定により身体障害者手帳の交付を受け、その程度が1級又は2級である者

(2) 奈良県から療育手帳の交付を受け、その程度がA1又はA2の者

(3) 介護保険の要介護度が4又は5に認定された者

(4) その他館長が特に必要と認めた者

2 郵送に係る経費については、図書館が負担する。

(返納を怠った者に対する処置)

第11条 館長は、貸出期間内に資料を返納しなかった者に対し、6月を限度として個人貸出しを停止することができる。

第3章 団体貸出し

(貸出しを受けられる者)

第12条 市民の読書生活の充実に寄与するため、市内の団体等(次条に規定するものをいう。以下同じ。)に資料の貸出しをすることができる。

(団体等)

第13条 団体貸出しを受けることができるものは、次に掲げる市内の団体等とする。

(1) 学校その他の教育機関

(2) 地域団体、職域団体及び読書団体

(3) 前2号に掲げるもののほか、館長が適当と認めた団体等

(団体貸出しの登録)

第14条 団体貸出しを受けようとする団体等は、団体貸出利用申込書(様式第3号)を提出し、登録を受けなければならない。

2 登録の内容に変更が生じたときは、直ちに届け出なければならない。

(図書利用券)

第15条 館長は、前条第1項の登録を受けた団体等に図書利用券を交付する。

2 前項に規定するもののほか、団体貸出しの図書利用券については、第9条の規定を準用する。

(貸出冊数と期間)

第16条 資料の貸出冊数は、館長が当該団体等の規模を考慮して定める。

2 貸出期間は、貸出日の翌日から起算して4月以内とし、月1回貸出冊数の範囲内において必要な資料と交換することができる。

(返納を怠った団体等に対する処置の規定に準用)

第17条 第11条の規定は、団体貸出しについて準用する。

第4章 図書館資料

(定義)

第18条 図書館に置く資料は、次のとおりとする。

(1) 図書、紙芝居、新聞及び雑誌

(2) 郷土資料及び行政資料

(3) 視聴覚資料

(4) 前3号に掲げるもののほか、必要な資料

(貸出禁止資料)

第19条 次に掲げる資料については、貸出しを禁止する。

(1) 新聞及び雑誌の最新号

(2) 事務用資料

(3) 前2号に掲げるもののほか、館長が特に必要と認める貴重な資料

(他館との資料の相互貸借)

第20条 図書館は、個人の申請により他の図書館(以下「他館」という。)から資料の貸出しを受け、その利用に供することができる。

2 他館から資料の貸出しを受けるのに経費を必要とするときは、その経費は、図書館が負担する。

3 図書館は、他館に資料を貸し出すことができる。

(寄贈及び委託)

第21条 館長は、資料の寄贈又は委託を受けることができる。

2 寄贈又は委託を受けた資料については、図書館所有の資料と同様の取扱いにより一般の利用に供することができる。

(資料の廃棄等)

第22条 資料が次の各号のいずれかに該当するときは、館長は、これを除籍し、廃棄処分とすることができる。

(1) 不要又は使用不能となったとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、館長が認めるとき。

(資料の複写)

第23条 資料を複写しようとする者は、所定の資料複写申込書(様式第4号)を提出しなければならない。

2 複写により著作権法(昭和45年法律第48号)に係る問題が生じた場合は、当該複写の申込者が全てその責任を負うものとする。

3 館長が特に指定する資料については、複写することができない。

第5章 ふれあいルームの利用

(利用目的)

第24条 ふれあいルームは、図書館事業の振興に資する読書会、研究会等の活動のために利用する。

(利用手続)

第25条 ふれあいルームを利用しようとするものは、所定の申込書又は申請書を提出し、許可を受けなければならない。

(利用時間)

第26条 ふれあいルームの利用時間は、図書館の開館時間とする。

2 前項の利用時間は、館長が特に必要と認めた場合は、延長し、又は短縮することができる。

(利用の制限)

第27条 館長は、次の各号のいずれかに該当するときは、ふれあいルームの利用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、管理上特に支障があるとき。

(利用の取消し等)

第28条 館長は、次の各号のいずれかに該当するときは、ふれあいルームの利用を取り消し、又は停止することができる。

(1) 条例又はこの規則の規定に違反したとき。

(2) 災害その他の事故により利用できないとき。

(3) 図書館運営上特に必要があるとき。

(利用者の遵守事項)

第29条 ふれあいルームの利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 条例及び規則に従うこと。

(2) 利用許可のない設備を使用しないこと。

(3) 利用後の整理、整頓及び原状回復を行うこと。

(4) 前3号に掲げるもののほか、館長の指示に従うこと。

第6章 雑則

(その他)

第30条 この規則に定めるもののほか、図書館の管理運営に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の新庄町立図書館管理運営規則(平成4年新庄町教育委員会規則第11号)又は當麻町立図書館管理運営規則(昭和63年當麻町教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年教委規則第2号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年教委規則第2号)

この規則は、平成18年5月1日から施行する。

附 則(平成22年教委規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成22年6月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前に奈良県から交付された療育手帳の程度の取扱いについては、なお従前の例による。

附 則(平成22年教委規則第5号)

この規則は、平成22年11月1日から施行する。

附 則(平成28年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

葛城市立図書館管理運営規則

平成16年10月1日 教育委員会規則第20号

(平成28年3月25日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年10月1日 教育委員会規則第20号
平成17年3月31日 教育委員会規則第2号
平成18年4月20日 教育委員会規則第2号
平成22年5月31日 教育委員会規則第3号
平成22年8月24日 教育委員会規則第5号
平成28年3月25日 教育委員会規則第2号