○葛城市心身障害者介助慰労金支給条例

平成16年10月1日

条例第101号

(目的)

第1条 この条例は、心身障害者を介助する者に対し、心身障害者介助慰労金(以下「慰労金」という。)を支給することにより介助者の日頃の労苦をねぎらい、もって福祉の向上を図ることを目的とする。

(資格)

第2条 慰労金の支給を受ける者は、次の各号のいずれかに該当する者を介助する者で、市内に居住するものをいう。ただし、次の各号のいずれかに該当する者が、社会福祉法(昭和26年法律第45号)第2条第2項に定義する第1種社会福祉事業の施設に入所する場合は除く。

(1) 奈良県療育手帳又は身体障害者手帳の交付を受けた20歳未満の者

(2) 障害の程度がA1又はA2と記載された奈良県療育手帳及び障害の程度が1級又は2級と記載された身体障害者手帳の双方の交付を受けた20歳以上の者

(支給額)

第3条 慰労金は、月を単位として支給するものとし、その額は、心身障害者1人につき月額5,000円とする。

(委任)

第4条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の當麻町心身障害者介助慰労金支給条例(昭和54年當麻町条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年6月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に奈良県から交付された療育手帳の程度の取扱いについては、なお従前の例による。

葛城市心身障害者介助慰労金支給条例

平成16年10月1日 条例第101号

(平成22年6月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成16年10月1日 条例第101号
平成22年5月31日 条例第14号