○葛城市當麻保健センター条例施行規則

平成16年10月1日

規則第77号

(趣旨)

第1条 この規則は、葛城市當麻保健センター条例(平成16年葛城市条例第106号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(所管)

第2条 葛城市當麻保健センター(以下「保健センター」という。)は保健福祉部健康増進課の所管とする。

(利用の申込み)

第3条 条例第4条第1項の規定により、保健センターの利用許可を受けようとする者は、保健センター利用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、利用許可申請書の提出があったときは、その適否を審査し、利用を許可したときは、保健センター利用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。

(利用許可の変更等)

第4条 前条の規定により利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)が許可された事項の変更又は取消しをするときは、あらかじめ市長に届け出なければならない。

(利用者の遵守事項)

第5条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 利用許可を受けた目的以外に利用しないこと。

(2) 館内及び敷地内で喫煙をしないこと。

(3) 許可を受けた施設、設備器具等以外のものを使用しないこと。

(4) 所定の場所以外へ立ち入らないこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、管理上必要な指示に従うこと。

(休日)

第6条 保健センターの休日は、葛城市の休日を定める条例(平成16年葛城市条例第2号)に規定する休日とする。ただし、市長が特に必要と認める場合は、これを変更することができる。

(利用時間)

第7条 保健センターの利用時間は、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、保健センターの運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の當麻町保健センターの設置及び管理に関する条例施行規則(昭和58年當麻町規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成31年規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

葛城市當麻保健センター条例施行規則

平成16年10月1日 規則第77号

(平成31年4月1日施行)