○葛城市霊苑条例施行規則

平成16年10月1日

規則第83号

(趣旨)

第1条 この規則は、葛城市霊苑条例(平成16年葛城市条例第111号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用許可の要件)

第2条 条例第6条に規定する本市に住所を有しとは、本市に1年以上継続して居住し、かつ、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により記録されていることとする。

(利用許可の手続)

第3条 条例第7条の規定により墓地の利用許可を受けようとする者は、墓地利用許可申請書(様式第1号)に住民票の写し又は戸籍謄本を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請があり、内容審査の上適当と認めるときは、利用許可を受けようとする者に対し、墓地利用許可証(様式第2号。以下「許可証」という。)を交付する。

(墓地施設の制限)

第4条 条例第8条第4項の規定による制限又は条件のうち、墓地施設の基準については、別表のとおりとする。

(施設等の工事手続)

第5条 墓地の利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)が墓地施設を設置しようとするときは、工事着手届(様式第3号)に許可証及び設計図書を添えて、市長に提出し、承認を受けなければならない。ただし、軽易なものについては、提出を省略することができる。

2 前項の工事が完了したときは、工事完了届(様式第4号)を提出して、検査を受けなければならない。

(利用権の承継)

第6条 条例第11条第2項の規定により墓地利用権を承継しようとする者は、墓地利用承継許可申請書(様式第5号)に従前に墓地の利用許可を受けた者の許可証及び承継理由を証する書類を添えて、市長に提出しなければならない。

2 前項の申請があったときは、市長がこれを審査し、適当と認めるときは、当該申請人に対し許可証を交付する。

(埋蔵等の届)

第7条 利用者が焼骨等の埋蔵又は改葬をしようとするときは、埋蔵(改葬)(様式第6号)に火葬許可証又は改葬許可証を添えて、市長に提出し、許可証にその旨の記入を受けなければならない。

2 利用者が直系血族及び配偶者以外の者の焼骨等を埋蔵しようとするときは、理由書を提出しなければならない。

(許可証の記載事項の変更)

第8条 利用者は、本籍住所又は氏名を変更したときは、直ちに墓地利用許可証記載事項変更届(様式第7号)に許可証及び変更の事実を証明する書類を添えて、市長に提出し、許可証の書換えを受けなければならない。

(許可証の返還及び再交付)

第9条 条例第13条第1項の規定による利用許可の取消し等により許可証が不要となった者は、直ちに市長に当該許可証を返還しなければならない。

2 利用者が許可証を損傷し、又は亡失したときは、墓地利用許可証再交付申請書(様式第8号)により市長に届け出て、許可証の再交付を受けなければならない。

(利用場所の返還)

第10条 条例第18条の規定により利用場所の全部又は一部を返還しようとする者は、墓地返還届(様式第9号)に許可証を添えて、市長に届け出なければならない。

(利用者の義務)

第11条 利用者は、常に利用場所の清浄と尊厳維持に努めなければならない。

2 利用者は、利用場所の工作物等の転倒その他により、他人に危険又は迷惑を及ぼすおそれがあるときは、市長の指示により直ちに修理その他必要な措置をしなければならない。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、その都度市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の新庄町霊苑管理運営規則(昭和62年新庄町規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年規則第29号)

この規則は、平成17年8月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第16号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年7月9日から施行する。

別表(第4条関係)

墓地施設基準

(1) 巻石標準平面図

画像

(2) 墓碑等標準立面図

画像

(3) 墓碑の建立は、東向きとする。

(4) 巻石は、境界から1センチメートル以上控え、墓地に接する通路地盤面からの高さは、0.3メートル以下とすること。

(5) 盛土の高さは、墓地に接する通路地盤面から平均0.3メートル以下とすること。

(6) 玉垣は、石材をもって築造し、高さは、墓地に接する通路地盤面から0.8メートル以下とすること。

(7) 墓碑(標木、碑石及び霊標をいう。)の高さは、墓地に接する通路地盤面から平均2メートル以下とすること。

(8) 碑石、玉垣、巻石等の工事施工に当たっては、地固めをし、碑石、玉垣等が傾倒し、又は沈下しないよう捨コンクリートを打つ等必要な処置をすること。

(9) 上屋類、板塀及び竹垣等を設けないこと。

(10) 樹木等を植えないこと。

画像画像

画像画像画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

葛城市霊苑条例施行規則

平成16年10月1日 規則第83号

(平成24年7月9日施行)