○葛城市土地改良事業分担金徴収条例施行規則

平成16年10月1日

規則第90号

(趣旨)

第1条 この規則は、葛城市土地改良事業分担金徴収条例(平成16年葛城市条例第121号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(分担金の額)

第2条 条例第2条に定める分担金の額は、工事に要する費用の100分の10の比率を乗じて得た額の範囲内とする。ただし、農道整備事業については、用地無償提供及び一般車両の通行が見込める場合は、分担金を免除することができるものとする。

(分担金の納入)

第3条 分担金は、納入義務者から徴収する。

(分担金の納期)

第4条 分担金の納期は、当該事業年度の末日とする。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、これと異なる納期を定めることができる。

(分担金の減免の申請)

第5条 条例第5条の規定により分担金の減額又は免除を受けようとする者は、分担金減免申請書(別記様式)に減額又は免除を必要とする事由を証明すべき書類を添えて市長に提出しなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、その都度市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年10月1日から施行する。

(適用)

2 この規則の規定は、平成17年4月1日以後に行われる事業に係る分担金の徴収について適用し、この規則の施行の日から平成17年3月31日までの間に行われる事業に係る分担金の徴収については、なお合併前の當麻町営土地改良事業分担金徴収条例施行規則(昭和39年當麻町規則第37号。以下「合併前の規則」という。)の例による。

(経過措置)

3 この規則の施行の日の前日までに、合併前の規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

葛城市土地改良事業分担金徴収条例施行規則

平成16年10月1日 規則第90号

(平成16年10月1日施行)