○葛城市企業職員の給与に関する規程

平成16年10月1日

水道事業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、葛城市企業職員で常時勤務を要するもの(以下「職員」という。)の給与の額及び支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(給与)

第2条 職員の給与の額及び支給については、葛城市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(平成16年葛城市条例第139号。以下「条例」という。)及びこの規程に特別の定めがあるものを除くほか、市長の事務部局の職員(以下「葛城市職員」という。)の例による。

(給料表)

第3条 条例第3条に規定する給料表は、葛城市一般職の職員の給与に関する条例(平成16年葛城市条例第39号)第3条の規定を準用する。

(初任給、昇格、昇給等)

第4条 初任給、昇格、昇給等については、葛城市職員の例による。

(昇給等の期間)

第5条 昇給並びに期末手当、勤勉手当及び退職手当の支給についての期間の計算については、葛城市職員としての期間又は他の地方公共団体の職員としての期間で水道事業管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)が認める期間を職員としての期間に通算する。

(宿日直手当)

第6条 宿日直手当の支給される勤務は、次に掲げる勤務とする。

(1) 正規の勤務時間以外の時間及び休日並びに葛城市水道事業就業規程(平成16年葛城市水道事業管理規程第13号)第9条に定める日において、本来の勤務に従事しないで庁舎、設備、書類等の保全、外部との連絡、文書の収受及び庁舎の監視を目的とする宿直勤務及び日直勤務

(2) 正規の勤務時間以外の時間等において、諸施設の巡視及び偶発的な臨時の業務等を行うための当直勤務

(3) 第1号に規定する業務を庁舎に附属する居住室において私生活を営みつつ行う常直勤務

2 前項第1号及び第2号の勤務についての宿日直手当の額は、その勤務1回につき、次に掲げる額とする。ただし、勤務時間未満の場合は、当該各号に掲げる額に100分の50を乗じて得た額とする。

(1) 前項第1号の勤務については4,200円

(2) 前項第2号の勤務については6,300円

3 第1項第3号の勤務についての宿日直手当の額は、勤務1月につき2万1,000円を超えない範囲において管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成16年10月1日から施行する。

葛城市企業職員の給与に関する規程

平成16年10月1日 水道事業管理規程第1号

(平成16年10月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第1章
沿革情報
平成16年10月1日 水道事業管理規程第1号