○葛城市上下水道部事務決裁規程

平成16年10月1日

水道事業管理規程第6号

(目的)

第1条 この規程は、上下水道事業管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)の権限に属する事務についての決裁の区分及び手続を定め、責任の所在を明確にするとともに事務処理の能率化を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 決裁 当該事業に関する最終的な意思決定をいう。

(2) 専決 専決者がこの規程に定める範囲に属する事務について決裁することをいう。

(3) 代決 管理者又は専決者が不在のため決裁することができない場合において、この規程に定める者が代わって決裁することをいう。

(効力)

第3条 この規程に基づいてなされた専決及び代決は、管理者の決裁と同一の効力を有するものとする。

(部長の専決事項)

第4条 上下水道部長(以下「部長」という。)が専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 事務事業の実施計画に関すること。

(2) 予算執行計画及び資金計画の作成、提出に関すること。

(3) 所属課長及び主幹の出張命令に関すること。

(4) 所属職員の宿泊を伴う出張命令に関すること。

(5) 所属課長及び主幹の年次有給休暇の承認に関すること。

(6) 所属課長及び主幹の病気休暇及び特別休暇の承認に関すること。

(7) 所属課長及び主幹の職務に専念する義務の免除(葛城市職務に専念する義務の特例に関する条例(平成16年葛城市条例第27号)第1号及び第2号に限る。)の承認に関すること。

(8) 所属課長及び主幹の代休日(週休日の振替を含む。)の指定に関すること。

(9) 会計年度任用職員の任免に関すること。

(10) 庁舎の管理に関すること。

(11) 広報活動に関すること。

(12) 断水及び停水に関すること。

(13) 滞納処分及び軽易な許可、認可、命令又は証明に関すること。

(14) 公文書の開示等のうち重要なものに関すること。

(15) 個人情報の開示等その他個人情報の保護に係る事項のうち重要なものに関すること。

(16) 予算に定めのある補助申請に関すること。

(17) 調定及び収入命令に関すること。

(18) 1件50万円未満の収入金の減免、分割、延納の許可又は承認をすること。

(19) 会計伝票の発行に関すること。

(20) 給与、法定福利費、旅費、動力費、受水費等定例的な経費の支出負担行為の決定及び支出命令に関すること。

(21) 1件200万円未満の契約の締結に関すること。

(22) 1件100万円以上の調定及び収入命令に関すること。

(23) 1件200万円未満の支出負担行為及び支出命令に関すること。

(24) 予算の目以下の流用に関すること。

(25) 預り金の還付に関すること。

(26) 工事の竣工検査に関すること。

(27) 公共下水道管理者以外の者の行う公共下水道に関する工事の承認に関すること。

(28) 排水設備等の竣工検査に関すること。

(29) 水洗便所貸付金及び助成金の決定に関すること。

(課長の共通専決事項)

第5条 課長が専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 定例又は軽易な申請、副申、証明、届出、調査、報告、照会、回答及び通知に関すること。

(2) 公文書の開示等に関すること(前条第11号に係るものを除く。)

(3) 個人情報の開示等その他個人情報の保護に関すること(前条第12号に係るものを除く。)

(4) 所属職員の出張命令に関すること(前条第4号に係るものを除く。)

(5) 所属職員の年次有給休暇の承認に関すること。

(6) 職員の病気休暇及び特別休暇の承認に関すること。

(7) 所属職員の職務に専念する義務の免除(葛城市職務に専念する義務の特例に関する条例第1号及び第2号に限る。)の承認に関すること。

(8) 所属職員の代休日(週休日の振替を含む。)の指定に関すること。

(9) 所属職員の時間外勤務命令に関すること。

(10) 所属職員の宿日直勤務命令に関すること。

(11) 所属職員の事務分担に関すること。

(12) 各種台帳の整備に関すること。

(13) 保存文書の廃棄及び閲覧の許可に関すること。

(14) 定例的かつ軽易な事務処理に関すること。

(15) 1件50万円未満の契約の締結に関すること。

(16) 1件100万円未満の調定及び収入命令に関すること。

(17) 前各号に定めるもののほか、定例又は軽易な事務の処理及び次に掲げる経費に係る支出負担行為及び支出命令に関すること。

 義務的経費(扶助費、公債費)

 燃料費

 光熱水費

 賄材料費

 通信運搬費

 保険料

 負担金補助及び交付金(保険給付費等扶助費的なものに限る。)

 その他1件50万円未満の経費

(水道課長の専決事項)

第6条 水道課長が専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 給水装置その他軽易な修繕に関すること。

(2) 工事の指導及び監督に関すること。

(下水道課長の専決事項)

第7条 下水道課長が専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 水洗便所改造資金に関すること。

(2) 水質使用料に係る水質及び排水量の認定に関すること。

(3) 公共下水道の維持管理に関すること。

(4) 下水道工事の調査、設計及び監督に関すること。

(専決の制限)

第8条 第4条から前条までの規定にかかわらず、特命があった事項又は重要若しくは異例と認められる事項等については、上司の決裁を受けなければならない。

(代決)

第9条 管理者が不在のときは、部長がその事項を代決する。

2 部長が専決すべき事項について、部長が不在のときは、理事又は課長がその事項を代決する。

3 課長が専決すべき事項について、課長が不在のときは、主管課長補佐がその事項を代決する。

(代決の制限)

第10条 前条の代決については、急を要するもの又はその処理についてあらかじめ決裁者の指示を受けたものに限り、これをすることができる。

(後閲)

第11条 代決した事務については、その後遅滞なく決裁者の後閲を受けなければならない。

(回議等の場合の準用)

第12条 決裁に至るまでの手続過程において、回議又は合議を受ける者が不在の場合においては、前3条の規定を準用する。

2 前項の場合において、回議又は合議を受ける者及び代決権限を有する者がともに不在の場合には、「不在」として上司の決裁を受けることができる。この場合においては、遅滞なく後閲を受けなければならない。

附 則

この規程は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成21年水管規程第2号)

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年水管規程第3号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年水管規程第2号)

この規程は、平成28年9月1日から施行する。

附 則(令和2年上下水管規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和2年上下水管規程第10号)

この規程は、令和2年10月1日から施行する。

附 則(令和3年上下水管規程第6号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の葛城市上下水道部事務決裁規程の規定は、令和3年4月1日から適用する。

葛城市上下水道部事務決裁規程

平成16年10月1日 水道事業管理規程第6号

(令和3年5月31日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 水道事業/第1節 組織・処務
沿革情報
平成16年10月1日 水道事業管理規程第6号
平成21年10月7日 水道事業管理規程第2号
平成24年4月1日 水道事業管理規程第3号
平成28年9月1日 水道事業管理規程第2号
令和2年4月1日 上下水道事業管理規程第1号
令和2年9月30日 上下水道事業管理規程第10号
令和3年5月31日 上下水道事業管理規程第6号